ビッグローブは、企業向けIoTデバイス開発キット「BL-01」の提供を開始しました。

Android端末として動作し、単体でのデータ通信が可能。GPSやBluetooth、3軸加速度センサーを備え、IoTのゲートウェイ端末やウェアラブル端末としての用途を見込みます。

BL-01は一般的なスマートフォンに必要な要素を一通り備えていますが、幅広い活用形態が採れるIoT用途が前提ということで、市販のスマートフォンとは違う、やや特殊な形状です。

ディスプレイは解像度220×176ピクセルの1.6型のタッチパネルを搭載。Androidのバージョンは4.4.2 Kitkat。

SoCはCortex-A7(1GHz)、メインメモリは512MB、ストレージは4GB、バッテリー容量は620mAh。IPX5、IPX7相当の防水、防塵性能を有します。外形寸法は41×47×15.6mm。重量は36g。充電クレードルが付属します。価格は税別3万5000円(回線は別途契約する必要あり)。

業務用途におけるIoTデバイスは、従業員が身につけるウェアラブル端末の形態で既に実運用が始まっています。具体的な一例としては、従業員の位置情報や姿勢、体温、心拍数などのセンシングデータをもとに、オペレーションの効率向上や従業員のコンディションのマネジメントなどに役立てる用途が挙げられるでしょう。また、ビッグローブのリリース文においては、GPSと加速度センサーを活用した道路の路面状況把握、子どもの見守り、モノの管理、センシング情報をクラウドにアップロードするゲートウェイとしての使い方を提案しています。
ビッグローブ、企業向けIoTデバイス開発キット「BL-01」発表。Android端末として動作
広告

0 コメント

広告