iOS 9で強化された「メモ」アプリは、大きく機能が強化されました。文字だけのメモを保存するだけでなく、チェックリストや手書きメモの作成など、さまざまな機能を搭載しています。これまで「Evernote」などのメモサービスを使っていた人も、標準搭載のメモアプリで十分満足できるはず。

今回は新・メモアプリの、「書く」ことに特化した便利機能を紹介しましょう。

iPhone Tips iOS9で強化された「メモ」を活用

すべての写真を見る

7 枚


チェックリストの作成・確認でうっかりを減らす

仕事のToDoや買い物の確認といった局面では、チェックリストを作りたい機会は多いのではないでしょうか。しかしその場合、文字だけのメモでは終えたかどうかがわかりにくいので、少し不便ですね。そんなときに活用したいのがチェックリスト機能です。

「メモ」アプリを起動すると、メモの一覧が表示されます。まずは画面右下の新規作成アイコンをタップし、新規メモを作成しましょう。続いて「+」のアイコンをタップします。表示されたアイコンの中から、左端のチェックアイコンをタップしましょう。これでチェックリストが作成できます。

チェックの際は、項目左にあるマークをタップすることでチェックを付けられます。メモを保存するには、画面右上の「完了」をタップしましょう。




「メモ」を起動し、画面右下の新規作成アイコンをタップ(写真=左)。続いてキーボード右上にある「+」をタップします(写真=右)。



表示された中で左端にあるチェックアイコンをタップしてから文字を入力すると、チェックリストが作成できます。次の項目に移るには、キーボードの「改行」をタップ(写真=左)。チェックボックスをタップするとチェックが付きます(写真=右)。

図形やスケッチも手書きでメモ

手書きメモでは、ペンやマーカーを使って文字やイラストを描けるほか、定規を使って直線や対角線などを描くこともできます。複雑なメモを描くにはiPhoneのディスプレイはやや小さいですが、さっと地図を描きたいときや、写真に手書きで注釈をつけたいときなどに便利です。

手書きメモを書くには、キーボード右上の「+」アイコンをタップし、続いて曲線アイコンをタップします。描画ツールで使えるのは、ペン、マーカー、鉛筆の3種類。線の色は8色から選べます。ペンの種類と線の色を選んだら自由に書いてみましょう。定規を使えば、直線を簡単に引くことが可能です。



キーボード右上の「+」をタップした後、右から2番目のぐにゃぐにゃした曲線アイコンをタップ(写真=左)。ペンの種類を選択して、画面をなぞれば手書きができます。線を消すには右から2番目の消しゴムのアイコンをタップして、消したい線をなぞりましょう(写真=右)。



右端の●をタップすると、ペンの色を変更できます(写真=左)。定規を使うには、2本の指で定規を回転して好きな位置に置き、その上をペンでなぞると直線が書けます(写真=右)。

文字のスタイルを変えて見やすいメモに

文字のメモでも表現力が増しました。文字のスタイルを変更して、メモをより見やすくできます。スタイルを変更するには、「+」 「Aa」の順にタップするだけです。

初期設定のスタイルは「本文」になっていますが、ほかに「タイトル」「見出し」「箇条書きリスト」「点線付きリスト」「番号付きリスト」が選べます。



キーボード右上の「+」をタップし、左から2番目の「Aa」をタップ(写真=左)。フォーマットの一覧が表示されます(写真=右)。



下にスクロールすると、チェックリストとは別のリストもあります(写真=左)。「番号付きリスト」は手順のメモを取るときなどに便利です(写真=右)。
iPhoneだけで手書きメモもチェックリストも。iOS 9の新「メモ」で素早く、見やすくメモろう:iPhone Tips
広告

0 コメント

広告