Sponsored Contents

softbankの最新記事

Image credit:

病院の診察料を携帯料金と合算、まとめて支払い。ソフトバンクが3月28日開始「スマート病院会計」

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年3月7日, 午後03:30 in Softbank
609 シェア
279
211
16
6
97

注目記事

人気記事



ソフトバンクは、病院の診察料を携帯料金とまとめて支払える「スマート病院会計」の提供を3月28日より開始します。利用料金は1回あたり100円で、サービス開始時は約50の医療機関で利用できます。

スマート病院会計は、診察料を後から携帯電話料金とまとめて支払うことができるサービスです。出先での急病時などでもキャッシュレスで受診可能。通信先や診察料などの受信履歴をスマートフォンで一括管理することもできます。



使い方は、My SoftBankでの利用登録後、病院の受付でスマート病院会計の利用を申し出るだけ。診察後には会計せずにそのまま帰宅できます。



また、契約者本人だけでなく、利用登録した家族も利用可能。その場合には、家族が契約者本人(お父さんお父さん)の電話番号を受付で伝えるだけです。なお受付の際には、通常の診察と同様に診察券・健康保険証の提示が必要です。

対応機種はiPhone、iPad、SoftBank スマートフォン、タブレット、4Gケータイ、AQUOS ケータイと幅広くなっています。どの病院でも使えるという訳ではなく、サービス開始時の病院数は約50。詳細はソフトバンク公式ページにて案内しています。

利用料金は1回あたり100円、月額料金はかかりません。大手キャリアとしてのソフトバンクが、自前の販路や決済システムを利用して本業以外にも収益を拡大しようとする、今時の携帯キャリアらしい取り組みと言えるのではないでしょうか。

なお3月7日〜4月27日までのキャンペーン期間中に「スマート病院会計」に利用登録したユーザーを対象に、10万円分のJCBギフトカード、GReeeeNサイン入り小説、白戸家のお父さん掃除機を抽選でプレゼントするキャンペーンを実施しています。

関連キーワード: softbank
609 シェア
279
211
16
6
97

Sponsored Contents