Sponsored Contents

edgeの最新記事

Image credit:

WEBページの文章に集中したい時は、広告を非表示にする「読み取りビュー」を活用するべき:Windows 10 Tips

小竹佑児(YUJI KOTAKE)
2016年3月14日, 午前11:30 in Edge
259 シェア
35
116
11
2
95

注目記事

人気記事



ニュース記事を読んでいるときに広告の表示が気になって内容に集中できない、と感じたことはありませんか。Windows 10の新標準ブラウザ「Microsoft Edge」には、「読み取りビュー」という機能が用意されています。読み取りビューに対応しているサイトを閲覧しているときに、この機能を利用すると広告などの情報が非表示になり、記事とそれに関連する画像のみを表示できます。短時間で集中して読みたいときなどに活用すると便利な機能です。

読み取りビューで表示する

ウェブサイトを「読み取りビュー」で表示するには、アドレスバーの右横にある本のアイコンをクリックするだけ。ただし、ウェブサイトが読み取りビューに対応している必要があります。本のアイコンがグレーアウトしているサイトは、読み取りビューでは表示できません。読み取りビューから元の表示に戻す場合は、もう一度、本のアイコンをクリックしましょう。



読み取りビューで表示したいサイトを表示し、アドレスバー右横の本のアイコンをクリック。


読み取りビューが作動し、広告などの情報が非表示になりました。


本のアイコンがグレーアウトしている場合は、読み取りビューで表示することはできません。

読み取りビューの設定を変更する

読み取りビューでは、表示した際の背景色やフォントサイズを変更することも可能です。デフォルトの表示では物足りないときは微調整してみるといいでしょう。「設定」を開くと「読み取り」という項目があるので、そこで「読み取りビューのスタイル」と「読み取りビューのフォントサイズ」の設定を変更しましょう。


右上の「詳細」をクリックして、メニュー最下部の「設定」をクリック。


「読み取り」という項目で表示スタイルとフォントサイズを変更できます。

「読み取りビューのスタイル」では、デフォルトで設定されている「既定」のほかに「白」「中間」「黒」のいずれかを選択できます。また、読み取りビューのフォントサイズでは、「小」「中」「大」「特大」の4つからフォントサイズを選択可能です。読み取りビューを表示した状態でこれらの設定を変更すると、リアルタイムでスタイルやフォントサイズが変わります。


「読み取りビューのスタイル」は、「既定」「白」「中間」「黒」の4種類から選択可能


「読み取りビューのフォントサイズ」は、「小」「中」「大」「特大」の4種類から選択可能。


スタイルは「黒」、フォントサイズは「小」を選択すると、このような表示になりました。

関連キーワード: edge, windows 10, windows 10 tips
259 シェア
35
116
11
2
95

Sponsored Contents