Sponsored Contents

microsoftedgeの最新記事

Image credit:

ガラッと変わったWindows 10標準ブラウザ「Edge」を使いこなす(1):Windows 10 Tips

小竹佑児(YUJI KOTAKE)
2016年3月15日, 午前11:55 in Microsoftedge
357 シェア
34
141
0
182

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View


Windows 10では、標準ブラウザが「Microsoft Edge」に変更されました。これまでの「Internet Explorer」とは大きく仕様が異なるので、IEを長年愛用してきた人はなかなか使い慣れないかもしれません。しかし、EdgeはIEよりも性能がアップしたほか、ブラウザとしての機能がコンパクトにまとめられており、使いこなせばウェブ閲覧の強力なパートナーになるでしょう。今回は、そんなEdgeを使いこなすうえで覚えておきたい基本的なテクニックを紹介します。

ほかのブラウザからお気に入りをインポートする

まずは、他のブラウザからお気に入りをインポートする方法を解説します。Windows 7/8.1からアップグレードした場合などに、それまで使用していたほかのブラウザのブックマークをインポートできます。「ハブ」をクリックし、「お気に入りのインポート」をクリックすると、指定したブラウザのお気に入りをインポートできます。


▲「ハブ」ボタンをクリックし、「お気に入りのインポート」をクリックします。


▲任意のブラウザにチェックを入れて、「インポート」をクリックすると、お気に入りが登録されます。

お気に入り・リーディングリストへの登録

「お気に入り」によくアクセスするサイトを登録する方法も確認しましょう。Edgeでは、「☆」のアイコンをクリックすることで、お気に入りへの登録が可能です。サイト名と保存先のフォルダを指定して、「追加」をクリックしましょう。


▲「☆」をクリックするとお気に入りへの登録メニューが表示されます。


▲「ハブ」をクリックして、「お気に入り」を選択すると、登録したサイトを確認できます。

Edgeでは、あとで読みたい記事などを登録しておける「リーディングリスト」機能も利用できます。一時的に保存しておきたい場合はこの機能を使うと便利です。お気に入りとほぼ同様の手順で登録ができます。「☆」のアイコンをクリックして、登録メニューが表示されたら、「リーディングリスト」をクリックして登録しましょう。


▲「リーディングリスト」をクリックすると記事を登録します。


▲登録した記事を閲覧するには、「ハブ」をクリックして、リーディングリストのアイコンを選択します。

ホームボタンを表示する

Edgeを使ってみて、「ホーム」ボタンがないことに違和感を覚えた人もいるでしょう。Edgeはデフォルトではホームボタンが非表示になっています。「設定」を開いて、「詳細設定」に進むと、ホームボタンの表示/非表示を切り替えられるメニューがあります。これをオンにすると、左上にホームボタンが表示されます。


▲「詳細」ボタンをクリックして、「設定」を選択します。


▲「設定」の下部にある「詳細設定を表示」をクリック。


▲「[ホーム]ボタンを表示する」を「オン」にします。下部の入力欄にはホームボタンをクリックした際に表示するサイトを登録できます。


▲左上の領域にホームボタンが追加されました。

関連キーワード: microsoftedge, windows 10 tips, windows10
357 シェア
34
141
0
182

Sponsored Contents