株式会社ワイヤレスゲートが、同社SIMカードの新プラン4種の販売を開始しました。

注目は、月額1680円(税込)のデータ通信プラン『WirelesGate SIM FONプレミアムWi-Fi』。同社とFONのWi-Fi接続に加え、ドコモ通信網をベースにした3MbpsのLTEデータ通信が使い放題というプランです(ただし3日間3GB以上での帯域制限あり)。さらに音声通話+SMSを加えたサービスも月額2980円(同)で提供します。

販売は本日よりヨドバシカメラ店頭と、ヨドバシ・ドット・コムにて開始します。

【17時25分訂正】帯域制限に関して広報担当に改めて問い合わせたところ、「日時を区切っての帯域制限は掛けていない」との回答を得ました。読者の皆様方、および関係者にはご迷惑をお掛けして申し訳ございません。お詫びとともに訂正させていただきます。

ワイヤレスゲート+ヨドバシカメラ 新プラン4種発表会

すべての写真を見る

17 枚






従来から同社プランのメリットであった解約金0円施策などは継続。改めて同社サービスの4つの特徴として、「全プラン使い放題」「業界最安値水準」、FONとの提携による「利用可能Wi-Fiスポット世界1900万ヶ所以上」そして「解約金0円」を謳います。



なお、音声プランでのMNP転出手数料は13か月内は1万1880円(税込)、13か月目以降は3240円(同)に設定されています。国内通話料は30秒ごとに21.6円(同)の換算です。



Wi-Fiプランとしては、月額580円(税込)で同社のWi-Fiアクセスポイント(AP)に加え、FONのAPへの接続も可能となる『ワイヤレスゲート+Wi-Fi FONプレミアムWi-Fi』が追加。同社APのみながら月額390円と安価な『ワイヤレスゲートWi-Fi』と合わせて2プランとなりました。

LTEデータ通信プランとしては、今回新しく加わる3プラン(上述のデータ専用と音声+SMS付き、そしてデータ+SMSで月額税込1880円)に加え、従来からの継続となる250kbps LTEデータ通信が使い放題な『ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン』、同SMS付きを加えた5種類となります(タイトル写真が5種類の一覧です)。



合わせて同社はSIMプラン契約キャンペーンとして、Wi-Fi中継機としても使えるFONルーターを先着1万名にプレゼントする企画も実施します。



なお今回の新サービス発表は、秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkibaで開催されましたが、合わせてヨドバシカメラ側から、同店MVNOカウンターのリニューアルも発表されました。





これは、SIMカード売り場を同店1階の「一等地」となるJR秋葉原駅中央改札口出入り口左手(インフォメーションカウンター脇)に配置し、さらにMVNOカウンターとなる『ヨドバシカメラ通信なんでも相談カウンター』の面積も拡張するというもの。





さらにワイモバイルのSIMとSIMフリースマートフォンをセット価格で販売する「Y! mobileのSIMフリー」コーナーも設けています。



このようにワイヤレスゲートの新LTEプランは、「3Mbpsというそこそこの速度を定額で使える」という、従来の隙間的、かつニーズのありそうなところに狙いを定めたもの。Wi-Fi網の点でもFONが加わり、より柔軟性を増した格好です。
当然ながら実効速度などが気になるところですが、そこがある程度確保されているならば、他のMVNOを含めても人気の高いサービスとなりそうなプランでしょう。

また、ヨドバシカメラがMVNO各社のサービスとSIMフリースマートフォンに注力する姿勢を見せたことで、今後のMVNO各社の競争にとっても、もさらなるブーストが掛かる気配もあります。
ユーザーとしては、こうした点での競争活発化は歓迎したい動きと言えそうです。
月額税込1680円で3Mbps LTEが使い放題。ワイヤレスゲートが新プラン4種を発表、本日よりヨドバシで販売開始(訂正あり)
広告

0 コメント

広告