ソニー・コンピュータエンターテイメントは、PS4専用VRシステム「PlayStation VR」を、2016年10月より日本・北米・欧州・アジアにて発売すると発表しました。それぞれ希望小売価格は4万4980円(税別) / 399USドル / 399ユーロ / 399ポンドとなっています。

PlayStation VR向けタイトルの開発には、2K Gamesやユービーアイソフト株式会社などの大手ソフトウェアメーカーから、インディーズ開発者まで230社以上が参入。各社およびSCEにおいて160本以上のタイトルが開発中で、10月の発売から年末までに50本以上が揃うとしています。


またPlayStation.Blog(英語版)では、PlayStation VR発売時のパッケージの中身も公開されました。同梱するのはVRヘッドセットとプロセッサーユニット、ステレオヘッドフォン、VRヘッドセット接続ケーブル、USBケーブル、HDMIケーブル、電源コード、ACアダプターなど。PS4本体やPlayStation VRに必要なPlayStation Cameraは同梱されません。

つまりPlayStation VRを遊ぶにあたり、ユーザーはPlayStation 4本体のほか、持っていなければ5000円ほどのPlayStation Cameraが必要になります。

Playstation VRの商品概要


PlayStation VRの開発トップ、Oculus Riftがハイエンド性能で優ると認める。ただし「お手頃価格と大衆市場」を強調​

TGS 2015:PlayStation VRで「サマーレッスン」体験。本日から一般公開デイ
ソニー「PlayStation VR」、4万4980円で10月発売。年末までに50タイトル以上を用意
広告

0 コメント

広告