蚊取り線香がいらなくなる時代到来か。シャープは、蚊も取るプラズマクラスター空気清浄機『蚊取空清 FU-GK50』を4月23日に発売します。価格は税別5万円前後を予定しています。

蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、粘着式の蚊取りシートをフィルター付近に用いて捕獲・駆除する仕組み。

蚊取空清

すべての写真を見る

10 枚


すでにマレーシアやタイ、インドネシアなど東南アジア圏の国々で2015年の9月より販売されていた蚊取り機能付き空気清浄機を、フィルター部分などを日本向けにリファインして販売されます。


▲日本で発売される『蚊取空清 FU-GK50』。

もともと、東南アジアの空気清浄機の市場は日本や中国の10分の1程度。日常的に蚊を殺すために殺虫剤を使用しているマレーシアでは、空気をケアするよりも、蚊をどうにかしたいという思いから、このプロジェクトはスタートしました。

まず蚊の習性を学ぶため、マレーシア保険証医療研究所と共同検討をスタート。当初は薬剤を用いるなど試行錯誤して研究を重ね、4年後にようやく3つのステップで捕獲する方法を編み出しました。


▲マレーシアでの研究により編み出された3つのステップ。部屋にいる蚊をすべて捉えられるわけではないので念のため。

1つ目は蚊を誘うこと。蚊は360nmの紫外線を好むことがわかり、本体に内蔵して近づかせるようにしました。また、黒色が好きなこともわかり、本体の色を黒にしています。また、物陰に隠れる習性を利用して、誘い込むための小窓のサイズを研究。最適なサイズのものにしています。


▲UVのライトが蚊をおびき寄せる。本体の色は黒色しかない。この小窓も蚊を寄せ付けるポイントのひとつ。

2つ目は吸い込む吸引力。空気清浄機の吸引する気流により、小窓に近づいた蚊を吸い込むようにしています。一度吸い込んだ蚊は気流により外には出られず、3つ目の捕まえるための粘着式シートによりしっかりと捕獲します。


▲右側の白いホコリみたいなのが付着しているのが、蚊取り用粘着シート。左側が従来の空気清浄機用のフィルター。


▲冬に担当者の自宅で動かしたときの粘着フィルターの状態。ホコリとともに蚊も付着している。 

この3つのステップにより、薬剤を使わずクリーンな方法で蚊を取ることに成功しました。実際に67回、1万匹以上の蚊を使用して実験し、高確率で捕獲できることが確認されています。この段階での開発にも2年かかっているそうです。

また、マレーシアと日本では蚊の種類が違うため、国内発売に向けて日本に多く生息する「アカイエカ」、「チカイエカ」、「ヒトスジシマカ」の3種類で実験。6畳の広さで22時間運転したところ、それぞれ約95%、約98%、約88%捕獲できたとしています。

蚊取りシートは、交換時期が近づくとランプでお知らせしてくれ、折りたたんで可燃ごみとして捨てられます。だいたい2ヵ月ごとに交換するイメージだそうです。蚊取りシートは家電量販店などで販売され、価格は1400円(税別)とのこと。もうちょっと安くしたかったそうですが、赤字にならないギリギリの設定だそうです。


▲蚊取りシートは、表面のビニールを剥がして装着。捨てるときは半分に折り曲げられるよう折り目が付いている。日本向けの仕様だ。

もちろん、空気清浄機能も高性能です。高濃度プラズマクラスター7000とと送り誇りも引き寄せる「スピード吸引気流」、0.3μmの微細な粒子を99.97%以上集塵できる「静電HEPAフィルター」、さらに「脱臭フィルター」と「プレフィルター」の3段構えでタバコやペット臭などの臭いもしっかりキャッチします。


▲3つのフィルターにより、ホコリや臭いをキャッチ。空気清浄機能もしっかりしている。 

PM2.5の粒子も99%キャッチ。春や秋の花粉の季節には、ホコリセンサーの感度を高め、強めの風量で運転する「花粉運転」や、寝るときにファンの音を抑え、前面のランプを消し、UVランプを暗くして、蚊を取りながら静かに運転する「おやすみ運転」も備えています。


▲「おやすみ運転」にすると前面のランプが消え、UVランプも明るさを落とし、ファン音も低く抑えて運転する。

東南アジアでの販売は、予想以上の売れ行きだそうで、増産体制を敷いているとのこと。


▲東南アジアの店頭での販売イメージ。動画で効果のほどをアピールしている。​

昔ながらの蚊取り線香やマット式、液体式、さらにワンプッシュで24時間効くなど、さまざまな蚊を殺す薬剤式のものが出回っていますが、正直実際効いているのかわからない面もあります。この『蚊取空清』は、蚊取りシートに吸着された死骸を確認できるので、どのくらい効果があるのか分かる安心感があり、かなり需要があると思います。ただこの空気清浄機を置けば蚊がゼロになるというわけではないので過信は禁物。従来の薬剤式と併せて利用すれば、かなりの効果が期待できるのではないでしょうか。


FU-GK50の仕様
  • 高濃度プラズマクラスター7000適用床面積の目安 約14畳
  • 空気清浄適用床面積の目安 ~23畳
  • 最大風量 5.1立方メートル/分
  • 清浄時間 8畳を12分
  • 消費電力 1.8~50W
  • 運転音 18~51db
  • サイズ/重量 391×281×540mm/約5.9kg
蚊を吸引するシャープの空気清浄機『蚊取空清』が日本でも発売。これで蚊に悩まされずに済む!?
広告

0 コメント

広告