Sponsored Contents

HyperAdaptの最新記事

Image credit:

ナイキ、自動ひも調節シューズHyperAdapt 1.0発表。ボタンで好みの締め付けに微調整

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年3月17日, 午後06:30 in Hyperadapt
540 シェア
206
219
0
115

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View


映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II』で描かれた未来の2015年も過去になった今年、ナイキが電動ヒモ調節シューズ NIKE HyperAdapt 1.0 を発表しました。

靴底に電動のシューレーシング(靴ひも結び)機構を備え、足を入れると自動的にフィットします。またサイドに締める・緩めるの調節ボタンを備え、すばやく好みの履き心地に微調整できる実用性をうたいます。

Gallery: Nike Innovation 2016 (HyperAdapt 1.0) | 18 Photos




ナイキの自動ヒモ調節シューズといえば、映画バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II に登場した架空の靴を本当に実現してしまった Nike Mag がすでに発表済みです。

Nike Magが映画を再現したレプリカ的な位置づけであるのに対して、HyperAdapt 1.0はあくまで実用品として、靴紐を結ぶ手間やフィットを調整する煩わしさを減らし、アスリートの集中を乱さないことを目的としています。

靴底の部分に電動メカがあり、シューレースを調節する仕組みはNike Magと共通。かかと位置のセンサーが足を認識することで自動的にフィットします。さらに側面には緩める・締めるの2つのボタンがあり、好みや状況に応じてすばやく微調整もできます。


(こちらは映画を元にした Nike Mag)

ナイキは自動靴紐調節機能を「アダプティブ・レーシング」「ナイキ最新のプラットフォーム・ブレークスルー」と呼び、HyperAdaptを「肉体と運動靴の完全なシンクロニシティへ向けた最初の一歩」と位置づけています。商品名の1.0が示すように、今後はスポーツの局面やアスリートのコンディションに応じた自動調整など新機能を導入してゆく予定。

HyperAdapt を含め、センサやアプリ・クラウド連携など最新の技術を使い、ウェアもギアもトレーニングも各人にあわせて最適に変化する「パーソナライズド・パフォーマンスの時代」に向けて取り組むとしています。

HyperAdapt 1.0は今年の冬、Nike+のメンバー限定で3色が販売される予定。価格は明らかにされていません。

Source: Nike
関連キーワード: HyperAdapt, hyperadapt1.0, nike
540 シェア
206
219
0
115

Sponsored Contents