Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:

インテルが「PCゲーム向けNUC」Skull Canyon発表。Iris Pro搭載、Thunderbolt 3経由でのグラボ接続にも対応

Munenori Taniguchi
2016年3月18日, 午後12:15 in Gaming
544 シェア
157
242
0
145

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
インテルが、ゲーム向けと位置づける最上位のNUC 『NUC6i7KYK』を発表しました。サンフランシスコで開催されているゲーム開発者向けカンファレンス GDC 2016 で発表された「Skull Canyon」の製品版です。ゲーム向けというだけあって、CPUにはグラフィックスが高速なCore i7-6770HQ(2.6GHz)を搭載、筐体の形状は従来のNUCによくみられる角丸立方体ではなく、ゲーム専用機を連想させるシャープなデザインを採用します。



天板にはパンチメタル風のテクスチャと、インテルのハイエンドマザーボードやSSDに刻まれるスカルロゴを記し、そのパワフルな印象をアピールしています。またロゴが目立ちすぎるという場合に備え、交換用にマットブラックで模様のない天板も同梱します。

搭載するCPUは第6世代(Skylake)コア、TDP45Wの Core i7-6770HQ(2.6GHz)で、Iris Pro Graphics 580 を内蔵するほか、米 Razer が発表した「外付けGPUボックス」の Razer Core (後述)にも対応。Thunderbolt 3端子を介しての接続が可能とのこと。

なお、基本的にはキットとしての販売であるため、メモリーとストレージは後からユーザー自身が好みのものを用意する必要があります。搭載可能なメモリーはDDR4-2133 SO-DIMM×2枚、容量は最大 32GBまで。ストレージはM.2形状 ×2枚。接続はSATA(AHCI)およびPCI Express x4(NVMe)に対応します。



ネットワーク機能は802.11ac WiFi、Bluetooth 4.2、ギガビットイーサネットを搭載。入出力はThunderbolt 3兼USB 3.1 Type-C、(DisplayPortとしても使用可)、mini DisplayPort、HDMI 2.0、USB 3.0×4、最大512GB対応のSDカード、アナログ音声入出力端子、赤外線センサーを備えます。

筐体の大きさは、幅216 x 奥行116 x 厚さ23mm。

NUC6i7KYK は、4月より予約開始の予定。出荷は5月。価格は650ドル(約7万2000円)。16GBメモリー、256GB SSD、Windows 10 を搭載し購入するだけで使い始められるバージョンも同時に発売予定で、こちらは999ドル(約11万円)とのこと。

Skull Canyonはゲーム向け NUC とはいいつつも、自作PC界隈でAV 向け PC として少しだけ流行した HTPC 的な香りもわずかながら感じられます。そのポジションにはいま Apple TV や Fire TV がいるものの、もしそれらの購入を検討中で財布に余裕があるならば、さらに上の選択肢として"Skull Canyon"を含めても良いかもしれません。

ただ残念なことに、記事執筆時点ではいずれも日本での発売は未定です。

ちなみに Razer Core について少し触れておくと、ノート PCにデスクトップ用グラフィックカードのパワーを供給するための「外付けGPUボックス」。デスクトップ用のGPUボード(グラフィックスカード、別売り)と組み合わせて使用します。
同種の製品はALIENWARE や MSI といったメーカーもノートPCのオプションとして発売しています。Razer Core はそれらに比べ Thunderbolt 3 に対応しているのが大きな特長といえるでしょう。

Razer Core の外観は幅104.9 x 奥行339.9 x 高さ218.4mmという省スペースタワー型PC のような出で立ち。内部にはPCI Express x16 のデスクトップ用GPUボードを搭載可能。長さ310 x 幅152 x 厚さ44mm、合計消費電力375Wまでのカードに対応します。

Razer Core が対応をうたうGPUは、AMD が Radeon R9 /280 /290 /290X /300 /Nano /Fury。 NVIDIA は GeForce GTX 750 /750 Ti /950 /960 /970 /980 /980 Ti /TITAN X。

その他、Razer Core の筐体にはUSB 3.0端子およびギガビットイーサネット端子も備え、接続するPCによっては拡張ドックとしても機能します。

なおRazer自身も、Razer Core に対応するノートPCとして Razer Blade StealthとRazer Blade(2016) という2シリーズを発表しています。

Razer Core の出荷時期は4月。価格は499ドル(約5万5500円)で、上述したようにグラフィックスカードは別売り。こちらも日本での発売については発表がありません。

544 シェア
157
242
0
145

Sponsored Contents