Sponsored Contents

esportsの最新記事

Image credit:

フォーミュラE、オンラインタイムアタック選手権『Race Off Pro Series』開催。Forza 6でエントリー

Munenori Taniguchi
2016年3月19日, 午前11:45 in Esports
236 シェア
28
151
2
1
54

注目記事

人気記事

 
パワートレインメーカーとして日産の参戦も噂される FIA の電動フォーミュラカーレース フォーミュラE が、マイクロソフトのレーシングシミュレーター Forza Motorsport 6 を使うオンラインチャンピオンシップイベント「Race Off Pro Series」を発表しました。

世界中から参加可能なタイムアタック形式のイベントで、今季はフォーミュラ E の残り4戦にあわせて全4戦で実施。その後ロンドンで開催予定 Grand Finale イベントでは各イベントのトップ2を集め、賞金総額1万5000ドルをかけてシリーズチャンピオンを決定します。



無人レーシングカーによる AI 自動車レース「Robo Race」の開催も計画しているフォーミュラEが、新たな企画を始動しました。直接対決を意味する Face Off をもじった Race Off イベントは一発勝負のタイムアタック、とにかく1周を一番速く走った人が勝ちという単純明快なルールでで競われます。

Race Off Pro Series はプラットフォームにマイクロソフトの Forza Motorsport 6を使用し、オンラインでの開催。よってゲームとインターネット接続環境さえあれば全世界どこからでもエントリー可能です。

フォーミュラE CEO アレハンドロ・アガグは今年初めに単発で開催した Race Off イベントや、先日開催したメキシコ ePrix でのレーシングシミュレーターイベントを通じ「フォーミュラE が eSports イベントも内包できることを確認した」と語り、「次のステップとして Race Off Pro Series の開催を決めた」としています。

アガグ CEO は続けて「Fan Boost の例を挙げるまでもなく、ファンの参加こそフォーミュラE の DNA。最高のゲーマーがフォーミュラE に参戦する世界的ドライバーと対戦する機会を用意するのもそのためだ」と語りました。

Race Off Pro Series に参加するには Forza Motorsport 6 にログオンして「ライバル」モードを選択し、「Formula E Race Off Pro Series」イベントへと進みます。使用できるのはノーマル仕様のフォーミュラEマシン。1週間のタイムアタック期間中に最も速いタイムを出した10人は、フォーミュラE のレース当日朝(現地時間)に開催される決勝イベントに参加できます。また決勝イベントの模様はインターネットを通じ世界にライブストリーミングします。

今シーズン(2015-2016)のフォーミュラEは、米ロングビーチ、仏パリ、独ベルリン、英ロンドンの4戦を残すのみ。Race Off Pro Seriesはそれらに合わせ、以下のスケジュールで開催します。第1戦のタイムアタックは来週3月24日から。
  • 第1戦 タイムアタック:3月24~31日
  • 第1戦 決勝:4月2日 (ロングビーチePrix)
  • 第2戦 タイムアタック:4月14~21日
  • 第2戦 決勝:4月23日 (パリePrix)
  • 第3戦 タイムアタック:5月12~19日
  • 第3戦 決勝:5月21日 (ベルリンePrix)
  • 第4戦 タイムアタック:5月24~6月2日
  • 第4戦 決勝):6月4日 (ロンドンePrix)
  • Grand Finale :7月2~3日

各ラウンドごとのの上位2名は、7月2~3日、ロンドンで予定する Grand Finale イベントへ招待されます(交通費支給)。発表文からはタイムアタック方式かレース方式かは読み取れないものの、ここでは総額1万5000ユーロ(約189万円)の賞金と「アメイジングな」賞品をかけた戦いが展開され、その模様もやはりインターネットを通じてライブ中継する予定です。


1月に開催した単発の Race Off イベントの模様


なお、Race Off Pro Series の運営は大規模な eSports イベントをこなしてきた実績のある ESL が担当するため、間違ってもこの間のシミュレーターレースのようなグダグダ運営にはならないはずなので、参加者は心配することなくタイムアタックに集中できそうです。

ちなみに、Race Off Pro Series と同種のイベントとしては FIA と SCEヨーロッパが発表した「グランツーリスモSPORT」があります。こちらも基本的にオンラインでシリーズ戦を開催するバーチャルレースチャンピオンシップ。2015年10月の発表時には「2016年初旬からベータテストを実施」としていたため、もしかするとじきに新たな動きがあるかもしれません。

Sponsored Contents