Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

噂のApple Watch新バンドはナイロン製のカジュアルデザイン仕様、本体セットは299ドルから

157シェア
0
157
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


アップルのスペシャルイベント「Let us loop you in.」より。噂の新製品の一角である、Apple Watch用新バンドが正式発表されました。ナイロン素材をベースにした、4層構造のカジュアルなデザインの『ウーブンナイロン』をはじめ、スポーツバンドなどにも新色が加わっています。

合わせて、Watch本体の値下げも発表。米国では本日から最廉価構成が299ドルで販売されます。従来は349ドルだったため、50ドルの値下げに。日本でも最廉価構成のアップルストア価格は、4万2800円(税別)から3万6800円(同)へと値下がりしています。



新素材のバンド『ウーブンナイロン』のバンド単体価格は5800円(税別)。従来の最廉価だった『スポーツバンド』と同じです。カラーバリエーションは7色。

アップル側は、布のような肌触りとそれによる快適さ、そして耐久性の高さをアピールします。技術的特徴は「ユニークでカラフルな模様を織り成す500本以上の糸から作られています」「モノフィラメントで4層の生地を結びつけ、布のような肌触りが快適な耐久性の高い1本のバンドに仕上げました」とのこと。​



合わせて上述したように、Watch Sportモデルの値下げも発表。上位シリーズとなるWatchやWatch Editionシリーズの価格は継続されますが(ここは残念)、最廉価モデルがより手頃になるため、欲しかったけれど価格が......というユーザーの敷居を下げる効果はありそうです。

なお、今回イベントで発表された新製品は、あくまでもバンドのみ。Apple Watch本体、ならびにWatch OSの更新に関しては語られませんでした。

その他の発表に関しては、下記のイベント速報兼まとめ記事を参照ください。

アップル発表会速報。 iPhone SE、iPad Pro 9.7インチ発表




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

157シェア
0
157
0

Sponsored Contents