Windows 10では、タスクバーに検索ボックスが追加されました。以前の検索機能は、パソコン内のファイルや設定、アプリのみが主な検索対象でしたが、10では機能を大幅に強化。検索ボックスからブラウザを起動してネット検索ができるようになり、パソコン内だけでなくウェブも横断的に調べられるようになりました。今回は、タスクバー上の検索ボックスの知っておくと便利な使い方を紹介します。

設定やウェブ検索を行う

まずは基本となる検索方法をおさらいしましょう。といっても、ネット検索と同様、検索ボックスにキーワードを入力するだけです。ここでは「ディスプレイ」と入力してみました。すると、以下のような検索結果が表示されます。最上部をクリックすると、ディスプレイのコントロールパネルを直接開けます。「設定」では、関連する設定項目を、「Web」ではキーワード検索の候補が表示されます。任意の項目を選択すると、次のアクションをすばやく実行できます。


検索ボックスに「ディスプレイ」と入力。コントロールパネルや設定、ウェブ検索などの項目が表示されました。


アプリ名を入力して、すばやく起動することもできます。

パソコン内のファイルを探す

パソコン内のファイルのみを検索したい場合は、検索結果画面の下部にある「自分のコンテンツ」をクリックしましょう。これでファイルのみが検索されます。逆に、ウェブのみを検索対象にしたい場合は、その右横にある「ウェブ」をクリックします。

ファイルの検索結果画面では、さらに検索対象を絞ることも可能です。「表示」欄をクリックすると、「ドキュメント」や「フォルダー」、「アプリ」など全7種類から任意のものを選択できます。目的のファイルが見つかったら、クリックすると開きます。そのファイルが保存されているフォルダーを開きたい場合は、右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択しましょう。


キーワードを入力して、「自分のコンテンツ」をクリックします。


ファイルが検索されます。ファイルが保存されているフォルダーを開くには右クリックして「ファイルの場所を開く」をクリックします。


検索対象を絞り込むには、「表示」欄をクリックしてファイルの種類を選択します。

検索ボックスをアイコン化する

使い勝手が飛躍的に向上した検索ボックスですが、タスクバー上で占める面積がやや大きいと感じる人もいるでしょう。とくに、タスクバーにアイコンをたくさん並べたい人にとっては、アイコンを置けるスペースが狭くなってしまいます。そうした場合は、検索ボックスをアイコン化してしまうのがおすすめです。タスクバーを右クリックし、「検索」から「検索アイコンを表示」を選択すると、検索ボックスではなく検索アイコンが表示されます。こうしておけば、限られたスペースを有効に使えるでしょう。


タスクバーの右クリックメニューで「検索」から「検索アイコンを表示」を選択します。


検索アイコンが表示された状態。タスクバーのスペースがかなり広がります。
機能性大幅UP! Windows 10で強化された検索機能を使いこなす:Windows 10 Tips
広告

0 コメント

広告