タカラトミーは、自由奔放さが特徴の猫型ロボット『Hello!Woonyan(ハロー!ウ~ニャン)』を4月28日に発売します。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップなどで販売され、価格は1万8000円(税抜)。

コミュニケーションロボットのように会話をしたり音声で指示できるといった機能は備えていませんが、猫の気ままな性格を忠実に再現。自由自在に動き回っているかと思えば、撫でられると甘えてきたりと、スキンシップも楽しめるペットロボットとなっています。

Hello!Woonyan(ハロー!ウ~ニャン)

すべての写真を見る

5 枚


『Hello! Woonyan』は、4本足で動く猫型ロボットです。足先がタイヤになっており、前進や後退はもちろん、ダッシュやターン、飛びかかるといった動きが可能。「にゃーん」とリアルな鳴き声を上げるほか、伏せたり伸びたりといった猫らしい動作も見せてくれます。



目の周囲がLEDで光り、色の変化や点滅で感情を表現します。また、目にはセンサーを搭載し、付属品の「じゃれボール」を近くで動かすと、目で動きを追ったり、ついてきたりと、猫じゃらし的な遊び方も可能です。



顔部分にもセンサーを搭載しており、撫でると喉をゴロゴロ鳴らして喜ぶなど、本物の猫さながらのスキンシップも楽しめます。そのほか、歌や踊りなどの芸を披露する機能も用意されています。



本体サイズは、約175×240×290mm。リチウムイオン電池を搭載し、MicroUSBケーブルで充電可能です。対象年齢は6歳以上。タカラトミーでは、年間販売目標を3万個としています。

にゃんこブームに乗って、ロボットも登場。猫を飼いたいけど、家の事情だったり猫アレルギーだったりする人は、これを購入してみては? 本物の猫がどう相対するのか、反応も見てみたいですね。
時代はにゃんこ!スキンシップができる猫型ロボット Hello!Woonyan、タカラトミーから4月28日発売。自由奔放さも忠実に再現
広告

0 コメント

広告