windows 10の最新記事

Image credit:

共用パソコンで活用したい! 閲覧履歴を残さずにサイトを閲覧する方法:Windows 10

小竹佑児(YUJI KOTAKE)
2016年3月23日, 午前11:30 in Windows 10
187 シェア
13
88
7
0
79

注目記事

人気記事



Windows 10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」には、他の一般的なブラウザと同様にアクセスしたサイトの履歴を保存する機能が備えられています。この機能は、以前アクセスしたサイトを再び閲覧したいけどサイト名やURLがわからない、という場合などに便利です。しかし、履歴が残っていると、その情報を第三者に見られてしまう可能性があります。

そこで活用したいのが、履歴を残さずにサイトを閲覧できる「InPrivateブラウズ」機能です。共用のパソコンでネットを利用する際などに活用しましょう。

Gallery: 共用パソコンで使いたいTIPS | 8 Photos

Edgeで「InPrivateブラウズ」を有効にするには、まず画面右上の「詳細」アイコンをクリック。メニューが表示されたら、そのなかから「新しいInPrivateウィンドウ」をクリックしましょう。すると、「InPrivateブラウザを実行しています」と表示された新しいウィンドウが開きます。このウィンドウで閲覧する限り、履歴やCookie、一時ファイルなどのデータは保存されません。


「詳細」をクリックして、メニューから「新しいInPrivateウィンドウ」を選択します。


履歴などのデータを保存しない「InPrivateブラウズ」のタブが開きました。

閲覧履歴やキャッシュを削除する

すでに保存されている閲覧履歴やキャッシュなどのデータを削除する方法も確認しておきましょう。削除は、「詳細」の「設定」から行うことができます。「設定」では、「閲覧データのクリア」という項目の「クリアするデータの選択」をクリックします。次に表示される画面で削除するデータの種類を選択できるので、任意のデータにチェックを入れて「クリア」をクリックしましょう。これで選択したデータが削除されます。


「詳細」をクリックして、「設定」を選択します。


「閲覧データのクリア」という項目の「クリアするデータの選択」をクリックします。


クリアするデータを選択できます。任意のデータを選んで最後に「クリア」をクリックします。なお、閲覧するデータの選択画面からBingの検索履歴をクリアすることも可能です。「クリア」ボタンの下にある「Bingの検索履歴をクリア」をクリックしてみましょう。すると、Bingの「検索履歴」画面が開きます。個別の履歴をクリアしたい場合は、各履歴の右横にある「×」を、一括消去したい場合は「すべてクリア」をクリックします。


閲覧するデータを削除する画面で「Bingの検索履歴をクリア」をクリック。


各履歴の「×」か「すべてクリア」をクリックすると、検索履歴を削除できます。

関連キーワード: windows 10, windows 10 tips
187 シェア
13
88
7
0
79