Other

キングジムは4月22日より、単語を撮影するだけで意味を表示するワードリーダー『イミシル』を発売します。内蔵カメラ、文字認識機能(OCR)、辞書データの組み合わせにより、ネットワークを経由せずに単語の意味がわかります。価格は1万2000円(税別)。

イミシル

すべての写真を見る

6 枚


『イミシル』は、内蔵したカメラを使って単語を撮影すると、OCRで自動で文字を認識し、辞書データから意味を検索、ディスプレイに表示するアイテムです。縦書き・横書きどちらの単語も認識し、一度に複数の単語を認識させることも可能。調べた履歴は99件まで残るので、意味を調べ直すのも簡単に行えます。

Other

オムロンソフトウェアの旅行向け辞書データ、および三省堂の辞書「デイリーコンサイス」のデータを元に、国語、英和・和英、中日・日中(簡体字・繁体字両対応)、韓日・日韓の計9つの辞書データを搭載しています。

ディスプレイは2.4型のカラー液晶(320×240ドット)、カメラは30万画素のCMOSセンサーを採用しています。

単4形アルカリ乾電池または単4形エネループ2本で駆動します。1日あたり10分間の使用を想定した場合、単4形アルカリ乾電池だと約12日間、単4形エネループだと約15日間動作します。

本体の大きさは約93×22.5×63mmで、電池を含めない質量は約70gです。

旅行や海外出張に行く前には多少なりとも現地の言葉を勉強するものですが、いざ現地に行ってみると、慣れない言語の単語ゆえ、なかなかとっさには出てこないものです。本機では文章を単語単位で翻訳していくことで、なんとなく文意を読み取るような使い方が想定できます。操作や翻訳時のレスポンスが気になるところですね。
ネット接続不要。単語にかざして意味を知る『イミシル』、キングジムが発売
広告

0 コメント

広告