Sponsored Contents

AlarmClockの最新記事

Image credit:
Save

オフィスでの昼寝にも最適? 振動でこっそり起こしてくれる『めざましイヤホン』、キングジムから4月22日発売

TOKORO KEI
2016年3月25日, 午後04:30 in Alarmclock
337シェア
0
337
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


キングジムは、振動モーターを内蔵し、バイブレーションで時間を知らせるイヤホン型のサイレントアラーム『めざましイヤホン』(NMR10)を4月22日に発売します。価格は6000円(税別)。

イヤホン部に振動モーターを内蔵し、設定した時刻になると耳元でのバイブレーションで知らせてくれるイヤホン型のサイレントアラーム。耳に装着して眠りにつくことで、起こしてもらいたい時刻に、音を出すことなく振動で目覚められるというアイテムです。

Gallery: キングジム バイブレーター付きイヤホン 『めざましイヤホン』 | 4 Photos

4

たとえば、電車内やオフィスで仮眠をとる場合、周囲に音を鳴らしてしまうことを考えると、スマートフォンのアラーム機能はなかなか使いづらいものです。そんなときに、『めざましイヤホン』が役立ちます。



液晶画面と操作ボタンを搭載した本体部分でアラームを設定でき、起きたい時刻を設定できる「アラーム機能」と、○○分後という設定ができる「タイマー機能」を用意。毎日の睡眠にも、ちょっとした仮眠にも利用することができます。振動の強さは強・中・弱の3段階で調節可能です。



また、付属品のステレオミニプラグケーブルを本体の入力端子に挿せば、通常のステレオイヤホンとして使用することも可能。スマートフォンなどと接続して音楽が聴けます。さらに、イヤホンのコードは本体に巻きつけられるデザイン。カバンやポケットの中でもコードが絡まず、便利に持ち運べます。



イヤホンとコードを含めない本体のサイズは、横長の向きで約106×30×20(幅×高さ×厚さ)mm、コード長は約1.1m、重量は約50gとなっています。単4アルカリ乾電池1本(別売)で動作し、1日1回の使用で約6カ月の電池持ちが可能としています。

このようにめざましイヤホンは、周囲に音を出さずに目覚ましとしての効果を発揮するという、いい意味でキングジムらしいアイデア商品。こうした用途に適した目覚ましとしてはスマートフォンなどの振動アラームもありますが、耳に入れるという構造上、振動だけでなくバイブレーターの動作音としても感知できる点などのメリットがあります。

奇しくも発売時期は、「春眠暁を覚えず」の春真っ只中。使用感が気になるという方は、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: AlarmClock, earphones, timer
337シェア
0
337
0

Sponsored Contents