ソフトバンクが、3月31日に発売する「iPhone SE」の価格を発表しました。本体価格は16GBモデルが5万6680円、64GBモデルが6万9840円。また2年間継続利用時の実質価格は16GBモデルが1万800円、64GBモデルが1万6200円となっています。

iPhone SE実機写真。6sと比較

すべての写真を見る

19 枚


販売価格は下記の通りです


価格をauと比較すると、64GBモデルの本体価格が360円割高となっていますが、それ以外は同額です。
またケータイ(フィーチャーフォン、いわゆるガラケー)ユーザー向けの割引きも用意。iPhone SEへの機種変更で上記金額からさらに432円×24回(1万368円)割り引かれ、16GBモデルが実質432円、64GBモデルが実質5832円で購入できます。

なおソフトバンクは、Y!MobileブランドでiPhone 5s(16GB)を販売中ですが、そちらの本体価格は6万3504円。もちろん通信料金での差はありますが、本体価格だけで見ると、2年落ちの機種ながらiPhone SEよりも割高となってしまいました。また毎月割を適用した2年間継続利用時の実質価格で比較しても、スマホプランL契約時を除き、iPhone SEのほうが割安という計算になります。

このあたりの逆転現象はアップル版iPhone SEの価格からある程度予想はされていたものの、実際に逆転した値付けで出てくるとちょっとした驚きがあります。SE発売までにワイモバイル版5sの価格がどうなるのかを含めて注目ポイントとなりそうです。

ソフトバンク版「iPhone SE」の価格は実質1万800円から。au版とほぼ同額、ワイモバイル版5sより割安に
広告

0 コメント

広告