Engadget YouTubeチャンネルより。ロボットをファッションとして身につける、そんな可能性を追求するクリエイターのきゅんくんが新作アームロボット「METCALF clione」(メカフクリオネ)を発表しました。

「METCALF clione」は、外装にプラスチックを採用し従来の半分ほどになる約1.5kgに軽量化。アーム自体が折りたたみ可能なりました。なお、動作制御にはアスラテックのV-Sido OSを採用。スマートフォンで操作できるようになっています。

METCALF clioneは、いわく「リアルクローズ(現実的な服)を意識」して小型化したそう。ファッションで言うところの、シンプルやエコ、天然素材といったキーワードと繋がる言葉です。世界的に見ても、装飾的で華燭な面で受けとられがちなロボット x ファッションの世界ですが、もしかしすると新たな局面を迎えるのかもしれません。

動画はMETCALF clioneの動きときゅんくんのコメントで構成。尺は3分6秒です。合わせてリコーのTHETAで撮影した映像もどうぞ。



きゅんくん新作お披露目会「METCALF clione」 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


V-Sido OSといえばこちらも。
【動画】ファッションとしてのロボット、きゅんくん新作ロボットアーム「METCALF clione」お披露目(THETA映像付き)
広告

0 コメント

広告