Sponsored Contents

appsの最新記事

Image credit:
Save

スピーカー内蔵型のBluetoothテーブル『SOUND TABLE』、Makuakeに登場。天気に合ったサウンドを奏でる専用アプリも用意

UTSUI JIN
2016年3月31日, 午後01:20 in Apps
121シェア
0
121
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


IoT家具の企画・開発を行うベンチャー企業KAMARQ(カマルク)は、3月31日よりクラウドファンディングサービス「Makuake」上で、スピーカー内蔵のテーブル『SOUND TABLE』のプロジェクトを開始しました。

デザインが異なる2種類のダイニングテーブル、ローテーブル、ベッドサイドテーブルの3タイプを用意し、ダイニングテーブルは計5サイズの大きさを展開しています。今回のプロジェク トでは割引価格で購入でき、価格はダイニングテーブルが7万3200円~、ローテーブルは4万5700円、ベッドサイドテーブルは3万3800円(いずれも税込)。発送は8月を予定しています。

Gallery: SOUND TABLE | 12 Photos

12

『SOUND TABLE』は、天板の内部に高音・低音域ともに効率よく奏でるとする新開発の薄型スピーカー2つを内蔵し、外見からはスピーカーが搭載しているとわからないデザインのテーブルです。サウンド再生時に振動は発生しますが、最大音量でもテーブルに置いたコップ内の水の表面がわずかに揺れる程度で、日常生活に支障のないレベルだとしています。

Other

また、天板側面には電源タップとUSB端子を装備し、スマートフォンなどの充電も行えます。

Other

電源自体は脚部から引き込みます。電源ケーブルは着脱可能で、ケーブルを使用しない時は端子部をスライドカバーで隠せる工夫がなされています。

Other

Bluetooth 4.0での接続機能も搭載。接続したデバイスに保存した音源を再生できるほか、iOS向けの専用アプリを使うことで、あらかじめ設定した時刻に好きな曲を再生させることもできます。なお、Bluetoothの対応プロファイルはA2DP。

Other

さらに、居住地域をアプリ上に登録すると、位置情報から取得した天気予報データにより、天気に合うサウンドを鳴らす機能も搭載しています。専用アプリはiOS版が先行して公開され、Android版は年内にリリース予定としています。

Other




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: SOUND TABLE
関連キーワード: apps, bluetooth, makuake, music, speakers, tablet
121シェア
0
121
0

Sponsored Contents