Sponsored Contents

accessoriesの最新記事

Image credit:
Save

VAIO×BEAMSコラボ第2弾はVAIO ZとIcon Design PCケース。Zは期間限定受注方式

115シェア
0
115
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

昨年3月にVAIO×BEAMSコラボとしてVAIO Z特別仕様モデルを台数限定で発売したところ、約80分で完売してしまう超人気商品でした。「買えないのか」と多数の問い合わせがあったそうで、第2弾の今回はVAIOも勉強しました。VAIO Z<Monotone Crazy>は期間限定受注方式とし、より多くの方が購入できるようになっています。

Gallery: VAIO×BEAMS コラボ第2弾 | 16 Photos

16

第1弾は、BEAMSの特徴であるオレンジをタッチパッド部分にあしらった、所有者だけが味わえる遊び心を演出する仕様でした。第2弾の今回は、BEAMSが今年40周年を迎えるということで、さまざまなブレーンとタッグを組んで、日本のモノ、コト、ヒトをキュレーションするプロジェクト『BEAMS TEAM JAPAN』のひとつとしてコラボした企画になります。

VAIO Z|BEAMS特別仕様

まずVAIO Z|BEAMS特別仕様は、BEAMSの洋服や服飾小物でもデザインされている「Monotone Crazy」を採用。黒とシルバーのツートーンカラーで表現された天板は、所有者だけでなく、周りの人にも体感してほしいという意思が込められています。もともとVAIOのデザインには隙がなく、BEAMSがどう手を加えて特別感を出そうかと考えたとBEAMSの担当者は語っています。


▲左が第1弾コラボモデル、右が今回のコラボモデル。

Zのヒンジ部分にBEAMSのロゴがオレンジ色であしらわれているのは前回と同じですが、タッチパッド部分は黒色に仕上げています、またフリップするディスプレーの裏面に、VAIO×BEAMSのレザー刻印が施されており、目立たないところに遊び心を加えています。


▲天板とキーボード面。モノトーンでシックなイメージ。


▲タッチパッドはブラックモデルのような黒色。 


▲ディスプレーの裏面にさりげなくロゴが刻まれている。普段使いだと見えない。 

また、BEAMSオリジナルの時計型スクリーンセーバーも用意。こちらは、VAIO × BEAMSのサイトからもダウンロードできます。


▲VAIOとBEAMSのコーポレートカラーを使ったアイコンで時間表示するスクリーンセーバー。 

販売はソニーストアのVAIO Z|BEAMS特別仕様のページで、4月28日9:00から受注開始5月31日までの期間限定となっています。納品日は未定で価格はカスタマイズの内容によって変わりますが、通常カラーの選択より1万2000円(税別・以下同じ)上乗せされます。なお、BEAMS特別仕様を選択すると、勝色ダブルアルマイト仕様は選択できなくなります。

4月28日にリニューアルオープンする新宿のビームスジャパンとソニーストアの店舗にも展示されるので、一度見てから購入を判断するのもいいでしょう。

VAIO×BEAMS Icon Design PCケース

もうひとつ、こちらは第1弾の発表時にVAIOとBEAMSのコーポレートカラーを使ったレジメンタルストライプをイメージしたアイコンを制作しましたが、このアイコンをモチーフにしたPCケース『VAIO×BEAMS Icon Design PCケース』が発売されます。13インチ用(370×250×25mm)と11インチ用(320×220×25mm)の2種類で、それぞれのサイズのVAIOがピッタリ収納できます。420ナイロンオックスの生地を使用しPUカラーコーティングで仕上げてます。


▲バックパックに使われる素材で、コーティングしているので傷はつきにくく、水も弾くが防水加工はされていない。

PCを衝撃から守るクッション入で、13インチのほうにはツートーンの切替部にアクセサリーなどを収納できるポケットを用意。BRIEFINGデザイナーのSELLTS LIMITED INC.小雀氏に制作を依頼し、生地の色調合から一貫して仕上げたものです。当初はもっと早く発表したかったそうですが、VAIOのコーポレートカラーである「勝色」の表現に難航したそうで、ようやく納得できるところまでこぎつけたそうです。


▲VAIOが入った状態の中身。13インチのほうが若干余裕がある。写真は11インチ用。


▲13インチ用についているアクセサリ収納用ポケット。ファスナーもしっかりしたものを採用。


▲持ち運ぶとき、手を挟むようにするベルトが備わっている。

こちらの商品は、13インチ用が1万3000円11インチ用が1万1000円で、ビームスジャパンの店舗やビームスオンライン、ソニーストア、VAIOストアにて購入できます。VAIO Z|BEAMS特別仕様と同様、ビームスジャパンとソニーストア店舗にて展示される予定ですが、それぞれ120個限定なので、即売り切れになる可能性が高く、展示を見てから購入では遅いかもしれません。

おしゃれなケースに、普通とはちょっと違うVAIOを所有してほかの人に差を付けたいなんて思っている人は、即ポチることをオススメします。

※4/13 16:00修正 VAIO Z|BEAMS特別仕様商品ページへのリンクを追加しました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: VAIO x BEAMS
関連キーワード: accessories, beams, vaio, VAIO S11, vaio z
115シェア
0
115
0

Sponsored Contents