Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:

iPhone 6からSEに機種変更した人はどれくらい? SEに乗り換える小ささ以外の理由も探ってみた

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年4月19日, 午後02:30 in Apple
545 シェア
89
203
17
5
231

連載

注目記事

人気記事


iPhone SEが発売して2週間半あまりが経過しました。4インチと小型で手に馴染むサイズ感が魅力ですが、果たしてiPhone 6 / PlusからSEに乗り換えたユーザーはどれくらいいるのでしょうか、家電量販店の携帯コーナーの店員の方々に聞いてみたので、その結果をお届けします。

SEといえば、5sと同じ大きさ・デザインの筐体に、6s / Plusと同じA9プロセッサ、2GB RAM、1200万画素リアカメラを詰め込んだ点が特徴。インカメラの画素数が120万画素と少なく、3D Touchに非対応な点を除けば、ほぼiPhone 5sの姿をした6sです。

Gallery: iPhone SE実機写真。6sと比較 | 19 Photos

Engagdetでは iPhone 6s PlusからiPhone SEに買い換えるべき3つの理由という記事も掲載しましたが、6s / Plusは発売から半年しか経っていないこともあり、SEに機種変更するユーザーが現時点で少ないことは想像できます。では1世代前の6 / PlusからSEに機種変更したユーザーはどれくらいいるのか、家電量販店の店員に聞いてみました。

Q:iPhone 6 / PlusからSEに機種変更した人はどれくらい?

(以下が回答)
  • iPhone 6からSEに機種変更される方は、SEを買われる方の5人に1人くらいですね。でも5sやそれ以前の機種からが多いです。6からというと、画面が割れていて、やっぱり小さいほうが良かったという理由が目立ちます。
  • 5や5sからが圧倒的です。6から機種変更というと、画面が割れた人が多いという印象です。
  • ちらほら見かけます。10〜20%くらいですかね。ガラケーや5s以前の機種からの乗り換えが多いです。あとはこのサイズが良いという人。
  • 時々見るくらいです。7〜8%ですかね。やっぱり5s以前からの乗り換えが多いです。

調査サンプル数が少ないため参考程度に受け止めることをお願いしたいのですが、今回の聞き込みでは、6 / PlusからSEへの機種変更は、SEに機種変更するユーザーのおおよそ1、2割であることが示唆されました。​iPhone 6 / 6 Plusも発売から1年半しか経過していないこともあり、6s同様、6からの機種変更はそう多くはないことは予想できたとはいえ、あまり多くはありません。

6からSEに乗り換える大きさ以外の理由を探る

なおiPhone 6からSEに乗り換える合理的な理由を探ってみると、片手でも指が奥に届くコンパクトさ以外に、価格の安さも見逃せません。

為替レートで見れば日本のiPhone SEは割高なのですが、それでもSIMフリー 16GBモデルが税別5万2800円から入手できます。8万6800円の6sに比べると3万円以上も割安です。それでいて、プロセッサは同じA9、リアカメラも1200万画素。インカメラの性能が劣り3D Touchにも非対応な点以外は、6sとほぼ同性能の新端末が6sに比べて3万円以上も安く手に入ります。


▲片手でも画面の上部に指が届くのも魅力だけど

もちろんインカメラの画素数が120万画素に留まるなど、セルフィを重視するユーザーにはオススメしがたいのは確かです。しかしiPhone SEのA9プロセッサは、iPhone 6のA8に比べてCPUで70%、GPUで90%の性能向上(アップル公称値)を果たしています。リッチなゲームに限らず、アプリ起動などの何気ない操作でもそうした性能向上を実感できるでしょう。

このように、iPhone 6を使っていて、今より処理の速いスマートフォンを入手したい場合、ほぼ6s性能、かつiPhoneとしては割安なSEが有力な選択肢になるというわけです。

iPhone SEを2週間使ってみた感想とAppleの戦略の変化(週刊モバイル通信 石野純也)

関連キーワード: Apple, iphone SE
545 シェア
89
203
17
5
231

Sponsored Contents