Sponsored Contents

4kTvの最新記事

Image credit:
Save

全面直下LED&IPS液晶のプレミアム4KレグザZ700X発表。最上位映像処理エンジン搭載、タイムシフトマシン対応

TOKORO KEI
2016年4月21日, 午後12:40 in 4Ktv
106シェア
0
106,"likes":32
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


東芝は、4K液晶テレビの新製品として、プレミアムモデルの「4Kレグザ Z700Xシリーズ」を4月21日に発売しました。画面サイズは55/49/43インチがラインナップされ、価格はオープン。直販サイトでの販売価格は55インチが29万9880円(税抜、以下同)、49インチが25万9880円、43インチが21万9880円。

なお、スタンダードモデルの「M500Xシリーズ」も同時に発表されており、こちらは6月下旬に発売予定となっています。

※4月21日14時30分訂正:記事初出時、見出しを「最上位」としていましたが、正しくは上位クラスの「プレミアム4Kレグザ」に属する「新モデル」です。お詫びして訂正いたします。​

Gallery: 4Kレグザ Z700X | 22 Photos

22

Z700Xは、広視野角のIPSパネルとレグザ最上位の映像処理エンジンを搭載したプレミアムモデルの4K液晶テレビです。バックライトに全面直下LEDを採用し、輝きやコントラスト感のあるリアルな映像を再現するほか、広視野角のIPSパネルにより、斜めから見ても、色合いの変化が少ない映像を楽しむことが可能。



また、映像処理エンジンには最上位の「レグザエンジンHDR PRO」を搭載。超解像技術をはじめとするさまざまな画像復元技術により、質感・立体感・精細感を高め、さらに全面直下LEDとの相乗効果で、より高画質な映像を生み出すことができます。

地デジ6チャンネルを別売のUSBハードディスクにまるごと録画して、いつでも好きなときに視聴できる「タイムシフトマシン」に対応するほか、地デジの裏番組を画面に一覧してチェックできる「まるごとチャンネル」を新たに搭載。また、ジャンルやタレント名から好きな番組を見つけられる「みるコレ」、それらを自動録画予約できる「おまかせ録画」にも対応しています。



動画配信サービスでは、Netflix、dTV、DMM.com、TSUTAYA TV、U-NEXTなどに対応し、NetflixやひかりTVの4K HDRコンテンツも視聴可能。このほか、メインスピーカーはシンクロドライブ方式に対応しており、別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」と組み合わせることで、スピーカーとサウンドシステムを同時に鳴らし、迫力ある重低音を楽しむこともできます。

なお東芝では、Z700Xと「タイムシフトマシン」対応のレグザ純正USBハードディスク、サウンドシステム「RSS-AZ55」を3点同時に購入すると、3万円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。期間は5月31日までで、期間内に同一の店舗で同時購入した場合が対象となっています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 東芝
関連キーワード: 4kTv, regza, television, toshiba
106シェア
0
106,"likes":32
0

Sponsored Contents