Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Razer、ヒザ乗せゲーミングキーボード&マウス Turret 発売。「居間でデスクトップ級のアドバンテージ」

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年4月21日, 午後01:30
162シェア
0
162,"likes":80
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ゲーミングデバイスのRazerが、ヒザ乗せキーボードと高感度マウスがセットになった製品 Razer Turret を発売しました。

キーボードの右側が折りたたみ式のマウス台になっており、膝のうえでもデスクトップPCと同様に正確なマウス操作やキーボード入力ができるという触れ込みです。

Gallery: Razer Turret ヒザ乗せゲーミングキーボード&マウス | 6 Photos

6




デスクなしで使うキーボードやポインタ製品は各社が販売していますが、Turretはリビング向けの膝乗せスタイルでありながら、Razer自慢のゲーミンググレード性能でガチ勝負にも耐えることがコンセプト。

「大画面テレビでPCゲームやモバイルゲーム」は、配信プラットフォーム SteamのValveを始め各社が攻略を進める市場。従来型のゲームパッドを使ったり、カジュアルゲーム向けにテレビリモコンをコントローラに使わせたり、PCとコンソールの決定的な差であるマウスの有無を特殊なタッチパッドで埋めるなど、さまざまな試みがあります。

Turret はそうした試みに対して、マウス前提のゲームにはやはりマウスが一番、マウスを楽に使える環境を作ろうという発想です。もともとはRazerのAndroid TVベースセットトップボックスである Forge TV向けに昨年発表されていましたが、ようやく出荷を迎えました。

ハードウェア仕様はキーボードが10キーまでのアンチゴースト(同時押し誤入力防止)、Android用ショートカットボタン、通常仕様で4か月駆動の内蔵バッテリーなど。マウス側は3500DPIセンサ、連続使用で40時間の内蔵バッテリー。

不使用時は折りたたんで立てて収納でき、マウスと同時に充電できる縦置き充電ドックも同梱します。PCやゲーム機との接続は、Bluetooth LE およびUSBドングルを使った2.4GHz帯RF方式に両対応。


テレビとソファでもヘッドショットを狙いたいゲーマーにはもちろん、テキストチャットのためにキーボードとコントローラを持ち替えている人にも良さそうな製品です。

米国での価格は160ドル、すでに販売中。日本国内販売については今のところ発表がありません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Razer
162シェア
0
162,"likes":80
0

Sponsored Contents