Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Google、スマートウォッチ交換バンドMODE Band発売。Android Wear向けワンタッチ着脱式

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年4月27日, 午前05:01
144シェア
0
144,"likes":60
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

GoogleがAndroid Wear スマートウォッチ向けの交換バンド MODE Band を発売しました。

特徴は工具を使わずワンタッチで着脱できる『MODEテクノロジー』を採用すること。本革製10色、シリコン製6色を揃え、場面や気分にあわせた付け替えを提案します。

Gallery: Google MODE Band スマートウォッチ交換バンド | 10 Photos

10



アップルの Apple Watch がバンド固定部分に独自の機構を採用するのに対して、Android Wear では特に規定の独自方式はなく、多くの端末が普通の腕時計と同じバネ棒を使ったバンドに交換できます。

時計のバンド交換は工具を使って押したり小さなレバーを引いたりと細かい作業が必要ですが、MODEバンドはバネ棒を固定したまま、バンドを引っ掛けてロックする方式。

バンドの内側に小さなスライド式ボタンがあり、引けば固定部が「C」のように開きます。あとはケース側のバネ棒に引っ掛ければ閉じて固定される仕組みです。



MODEバンドのデザインは時計バンドやアクセサリで知られるHadley Roma。Googleストアでは本革バンドが10色、シリコンバンドが6色あり、サイズ(幅)は16, 18, 20, 22mmを用意します。着脱機構とバックルはステンレススチール製。価格は50~60ドル程度。

Android Wear スマートウォッチ向けの交換バンドは、メーカーが自社製品向けのアクセサリ的に用意する例はあるものの、もともと普通の腕時計バンドと互換性があるためか、「Android Wear用の交換バンド」という統一カテゴリーとしては扱われてきませんでした。

Googleはスマートウォッチでは純正のNexusを作らず端末メーカーの自主性と多様性に任せる一方で、交換バンドは各社共用で使えて着せ替えしやすい純正品を用意することで、Android Wear スマートウォッチのエコシステムを盛り上げる狙いのようです。幅さえ間違わなければ、スマートでない腕時計用の交換バンドとしても使えます。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Google
144シェア
0
144,"likes":60
0

Sponsored Contents