Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

7月29日で終わるWindows 10無償更新、期間延長は絶対に『ない』 。日本マイクロソフトが明言

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年4月27日, 午後02:00 in Microsoft
4817 シェア
1354
2841
216
31
375

連載

注目記事

人気記事



Windows 10への無償アップグレードプログラムが終了する7月29日まで、残り100日を切りました。同プログラムにはできるだけ多くのユーザーをWindows 10に移行させたい思惑があることから、終了が延期されるのではないかと勘ぐる声もありますが、日本マイクロソフト側はこれを強く否定しました。

マイクロソフトによれば、Windows 10はWindows史上最も速いペースで導入が進んでいるとのこと。展開ペースはWindows 7の145%、インストール台数は8 / 8.1を既に抜いたとしています。

この好調ぶりを支えているのが、Windows 7 / 8.1からWindows 10へ無償でアップグレードできるプログラムです。これが7月29日に終了を迎えます。あと100日を切ったわけです。ところが終了のプロセスについてマイクロソフト側から詳細な説明はこれまで行われておらず、不透明な部分が多くありました。このため、Windows 10へのアップグレード促進に向けた施策を説明する記者会見の席上、同プログラムの終了に関する質問が記者から相次ぎました。


質問に答える日本マイクロソフト 代表執行役社長 平野拓也氏(写真=右)、業務執行役員 Windows & デバイス本部長 三上 智子氏(写真=左)

Q:7月29日の何時何分に無償アップグレードを終了するのか
A:米国時間なのか日本時間なのかを含め、終了時間は把握していない。それを公表するかも未定。現時点で言えるのは、前日の28日までにアップグレードを済ますのが一番安全ということ。

Q:7月29日までに無償ダウンロードしておいて、30日以降にインストールすることは可能か
A:アクティベートできない。

Q:有償のアップグレード版は提供するのか、価格はどうなるか。
A:まだ決まっていない。Windows 10のフリーパッケージ版を購入し、そこからアップグレードすることもできる。

Q:無償アップグレードをした人で、7月30日以降に再インストールが必要になった場合、ライセンスはどうなるのか
A:ハードウェア構成がクラウド上にあるライセンスに紐付いている。インストールメディアがある場合はアップグレードができる。ハードウェア構成を変えた場合は紐付けが切れるため、アップグレードはできなくなる。

Q:無償アップグレード期間が1年延長されたりしないのか
A:そうならないようにする。

Q:延長は絶対にないのか、それともありえるのか
A:ない。

関連キーワード: microsoft, pc, windows 10
4817 シェア
1354
2841
216
31
375

Sponsored Contents