Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 6sでフォーカスがボケた写真・動画を撮る方法:iPhone Tips

井上晃(Akira Inoue)
2016年5月1日, 午前11:00 in Iphone
134シェア
0
134
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


iPhoneのカメラアプリには、「AE/AFロック」機能があります。カメラに精通している方は知っていると思いますが、同機能を利用すれば撮影時の露光やピントを撮影者の望むポイントに固定できます。逆光条件や暗所での撮影において、手軽な露光調整が可能になります。また、あえてピントをずらした状態で固定し、画面全体をボカすこともできるので、旅先でiPhoneを使っていろんな写真を撮ってみましょう。

AEロックで露光を固定する

AEとは、Automatic Exposure(オートマティックエクスポージャ)のこと。被写体の明るさに合わせてカメラが自動的に露出の調整を行う機能を指します。iPhoneの場合では、カメラアプリを起動した状態で画面をタッチすると、ピントとともに露光の基準となるポイントが定まる仕組み。

AEを自動調整させずにロックするには、露光の基準にしたいポイントで画面を長押しします。画面上部に「AE/AFロック」と表示されればロック完了です。AEロックの状態では、撮影者の望むポイントで露光を固定できるので、活用次第で逆光や暗所条件での露光調整を素早く行えるでしょう。


iPhoneのカメラアプリでは、タップしたポイントに合わせて露光が調整されます。明るい部分をタップすれば全体が暗くなり、暗い部分をタップすれば全体が明るくなります。


画面を長押しすると「AE/AFロック」が表示されます。画面左は別の被写体で露光を合わせてから小物にカメラを向けた場合。画面右は直接小物に焦点を合わせた場合です。なお、AE/AFロックはもう一度画面をタップすると解除されます。

AEロックを活用しやすいのは、動画の撮影です。AEロックを活用すれば、アングルを変えることで逆光条件に変わる場合でも、被写体の明るさを一定に保てます。使い方は写真の場合と同様で、画面を長押しするだけです。


左はAEロックした場合。右はAEロックせず、タップでピントだけ合わせた場合。


AEロックした場合は、撮影する向きを逆光方向に変化させても明るさをキープできます。AEをロックしていない場合は、向きを変えることで被写体が暗くなってしまいました。

AFロックを活用してピントをぼかす

AFとは、Autofocus(オートフォーカス)のこと。ピントを被写体に自動的に合わせる機能のことを指します。iPhoneでは、AFと同様に、カメラアプリで画面をタッチするとピントが定まります。

また、カメラアプリで画面を長押しすると、AEだけではなくAFも同時にロックされます。AFロックの状態を利用することで、あえて被写体や画面全体のピントをボカした写真が撮影可能。暗所でのイルミネーション撮影などは、少しピントをずらすことで幻想的な雰囲気に仕上げることができるでしょう。


左のように、手などを近くに寄せてAFをロックします。すると右のようにピンとをボカした撮影が可能。通常の「写真」だけでなく、「タイムラプス」や「スロー」などでも活用できるテクニックです。


あえてピントをずらして撮影することで、幻想的な雰囲気になります。逆光での撮影やイルミネーションの撮影に活用してみましょう。左がAFロックを利用してピントをずらしたもの。右は通常撮影。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: iphone, iPhone 6s, iphone tips
134シェア
0
134
0

Sponsored Contents