Sponsored Contents

droneの最新記事

Image credit:

ドローンを墜落から守るパラシュートが登場。落下を自動検知して1秒未満で展開 『ParaZero SafeAir』

Munenori Taniguchi
2016年5月10日, 午前11:30 in Drone
494 シェア
202
178
9
10
95

連載

注目記事

人気記事

速報:ニンテンドースイッチ向けモンハン発表、3DS既発の『モンスターハンターXX』Switch Ver.

速報:ニンテンドースイッチ向けモンハン発表、3DS既発の『モンスターハンターXX』Switch Ver.

View
ドローン向け安全装備を開発する米ParaZeroが、ドローン向けパラシュートシステムを発表しました。不測の事態でドローンが落下する事態に陥ったときに墜落の衝撃から機体を守ることが可能となります。

ドローンはトラブルが発生すれば必ず落下します。たとえばローターが回転しなくなったとき、電源の喪失、上昇/下降気流、鳶や鷹、鷲による攻撃などなど。こうしたトラブルは日頃の整備や操縦テクニックである程度発生を抑制できるものの、いつかは遭遇してしまうものです。

また高性能で大型なドローンほど落ちれば損失金額が上昇します。不運にも落ちたところに人がいたり太陽光発電パネルのような壊れやすいものがあった場合は、さらに問題が大きくなる可能性もあります。

こうした落下トラブルを防止するために開発されたのがドローン向け非常用パラシュートParaZero SafeAir。SafeAirはパラシュートが入ったカプセル状の物体で、ドローンの上部に固定して使用します。もしも墜落する事態に陥った時には、自動的にそれを検知して自動車のエアバッグのようにパラシュートを上方に射出します。落下検知からパラシュート展開までは1秒もかからず、およそ3〜6m/sで降下してドローンを地面に着地させます。



SafeAirを使っても着地時の衝撃や姿勢によっては完全に無傷の生還とはいかないかもしれません。それでもフリーフォール状態で全損という結末と比べれば、結果は天地の差であることは間違いありません。

気になるのはこのドローン用パラシュートの導入コストですが、ParaZero社はまだその価格を公表していません。ただ費用対効果を考えれば、搭載を想定するドローン本体よりも高価になることはないはずです。

ParaZero SafeAir の展開および降下テストの模様は以下の動画をどうぞ。

Source: ParaZero
Coverage: TechCrunch
関連キーワード: drone, gear, parachute, parazero, robots, safeair, safety, video
494 シェア
202
178
9
10
95

Sponsored Contents