Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

エルメスの次はコーチのApple Watchバンド登場?花モチーフなど9種類の未確認写真

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年5月9日, 午後07:40 in Apple
150シェア
0
150
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


Apple Watch に新たなファッションブランドのバンドが加わるかもしれません。写真はCOACHの関係者がリークしたとされる資料からの一枚。白いバンドに、コーチの女性向けバッグにもある立体的なフラワーモチーフが配されています。


アップルいわく、Apple Watchは「これまで作ってきた中でもっともパーソナルな製品」。ただの電気製品やガジェットではなく直接身につける腕時計として、原則おなじハードウェアながらケース素材やバンドの違いで数十種類から選べ、100万円~200万円台の限定高級モデルも用意するなど、アップルらしからぬ多品種展開が特徴です。

プロモーションではファッションショーでモデルに着けさせる、Vogueに大々的な広告を打つなど、ファッションアイテムとしての認知を狙ってきました。発売から約半年の2015年9月には、泣く子も黙る高級ブランドのエルメスとコラボした Apple Watch Hermès を発表。ハンドメイドのレザーストラップは付け替え用の単品でも展開しています。


今回のコーチ製バンドのうわさは、もし本当ならばこうしたアップルの狙いにも沿った動きです。リーク情報の例に漏れず不鮮明な写真はファッション情報ブログ Haute Écriture.が、COACHの関係者から見せられたという資料から。詳しくはリンク先を参照していただくとして、主な点を拾えば:

・コーチはApple Watch用バンドを準備しており、6月にも発表の可能性がある(と、複数のCOACHのセールスアソシエイトは語っている)。
・発売は6月とも秋とも。
・現時点での資料にあるのは9種類。花のアップリケがついたバンド、星形のチャーム付きなど。
・価格は150ドル(から?)

といったところ。

コーチといえば有名ブランドのひとつですが、今回の未確認情報が本物のリークだとして、エルメスのようにアップルと直接コラボした新モデル扱いなのか、単にコーチがMade for Apple Watchなアクセサリとして販売するのかは分かっていません。エルメスの場合は Apple Watch Hermès の名称で、独自のウォッチフェイスを内蔵した時計本体とともにアップルが販売しています。



バンドはさておき Apple Watch 自体の話をすれば、発売から約1年経った今年3月のイベントでは結局 Apple Watch 2(仮)が発表されることはなく、新バンドのウーブンナイロンなどスタイルが追加されたのみでした。

Apple Watch 2(仮)については、初代の発売前後にはFaceTimeカメラつき試作品の存在が語られたほか、最近では単体でLTE通信ができるようになる(らしい)、iPhoneなしで走りに行ってもトラッキングできるようGPSを内蔵、外見はほぼそのまま中身が新プロセッサS2(仮)で高速化する(だろう)、といったうわさがあります。

仮にコーチ製バンドが本当に登場するとして、アップルがイベントなどでフィーチャーするかはまた別の話。しかし6月ならば、ちょうど開発者向けイベントのWWDC 2016が開催される時期です。WWDCはあくまでデベロッパーカンファレンスであって、新製品発表はあるとしても従ですが、まだまだキラーアプリが少ない、どころか快適にアプリが使える段階に達していない Apple Watch / WatchOS だけに、改めて開発者を呼びこむため新型Watchの機能とAPIをデモして不思議はありません。

また初代 Apple Watch の発売から1年半の秋ならば、ちょうどニューヨークなどで大きなファッションウィークがある季節。Apple Watch 2にあわせて有名ブランドの付け替えバンド発表もありそうなシナリオです。

さて、Apple Watchを立派なファッションアイテムとして認知させるためアップルが奮闘してきたのは先述のとおりですが、ガジェットのアーリーアダプターは手を出しても、ファッションの文脈で認められたかといえば微妙なところ。

バンドやケースのデザインも重要ですが、スマートウォッチとしての有用性で多くのユーザーが身に付けるようになるとすれば、その時こそスマートフォンのケースのように、Apple Watch も各人のスタイルにあわせてシーズンごとにコーディネートできる有用なファッションアイテムとして扱われるようになるかもしれません。






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Apple, AppleWatch, coach, SmartWatch
150シェア
0
150
0

Sponsored Contents