Sponsored Contents

blueoriginの最新記事

Image credit:
Save

これが『ロケットの垂直着陸』。2度目の成功を至近距離で映した動画をSpace Xが公開。3基の逆噴射エンジンが炎を吹く

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年5月10日, 午後04:00 in Blueorigin
191シェア
0
191
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
SpaceXが5月6日の2度めのFalcon 9 ロケット着陸成功の模様を3つの視点で収めた動画を公開しました。いずれも無人船「Of Course I Still Love You」の上からの視点で、ライブ中継でははっきりと見えなかった着陸の瞬間を確認できます。



2度めとなった無人船への着陸は、従来よりも高い高度からの降下となるため速度が高く、SpaceX CEO のイーロン・マスク本人も難度が高いことを認めていました。とはいえ何も対策を施していなかったわけではなく、通常より速い降下速度を殺すため、着陸用逆噴射用エンジンは3基を使用し、重力ロスを最小にするため地面(海面)直前で一気に減速するという方策を講じていました。

結果はすでにご存知のとおりで、みごと着陸成功。公開された動画では着陸直後にロケット下部から「いつもより多め」の炎がしばらく上がっているのがわかります。



ちなみに米Amazon のCEOジェフ・ベゾス率いるBlue Originも、4月2日のロケット着陸を機内から撮影した動画を公開しました。こちらは高度100kmちょっとからの降下であり、SpaceXのロケットが静止トランスファ軌道(GTO、最低高度3万6000km)まで行って帰ってくるのとはレベルが違うものの、青い地球の稜線と同じように見える高度からエレベーターのように地上に降り立つまでの一部始終を眺められます。


[Image : SpaceX(Twitter)]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

191シェア
0
191
0

Sponsored Contents