Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:
Save

LED光源内蔵のEOS M用マクロレンズ『EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM』発表。換算45mm相当で最大1.2倍の撮影倍率を実現

Shinichi Sekine, @sekine_s
2016年5月11日, 午後05:00 in Canon
186シェア
0
186,"likes":58
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

キヤノンは、EOS M用レンズ初のマクロレンズ『EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM』を発表しました。

前玉の両隣にLEDライトを内蔵した交換レンズ。カメラを被写体に近づけるマクロ撮影時にも、被写体が暗く写らないように照らす機構を備えた、世界初のミラーレス用マクロレンズです。

1cm程度の距離まで被写体に近づくマクロ撮影では、カメラ(レンズ)自体が被写体に影を落としてしまう、あるいは周囲の光を遮ってしまうことがあります。そういった場合に被写体を明るく照らすための解決策としては、これまでレンズの前玉周りに光源を配置する装着式のリングストロボ、あるいは定常光のリングライトがありました。

EF-M 28mm F3.5 Macro IS STMの特徴は、単体の交換レンズでありながら、リングストロボやリングライトと同等の効果を得るべく、光源そのものを内蔵している点です。光源は左右2灯のLEDであり、それぞれ個別に点灯させられることで、陰影をつけた表現を手軽に狙えます。

また、マクロレンズとしては、0.7~1.2倍までの倍率でマクロ撮影が可能な「スーパーマクロモード」を備えます。ワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体までの最短撮影可能距離)は13mm。35mm判換算の焦点距離は45mm相当。

レンズ内手ブレ補正機構は、角度ブレとシフトブレを補正する『ハイブリッドIS』を装備します。外形寸法は45.5×60.9mm。重量は約130g。発売時期は6月下旬。価格は税別4万5000円。

大手カメラメーカーが手掛けるミラーレスカメラとして最後発となるEOS Mは、交換レンズの充実が待たれるシリーズの一つです。市場にあるミラーレスカメラの特色は各社それぞれはっきりしていますが、これまでキヤノンのEOS Mシリーズは後発ということもあってか、独自のカラーを打ち出せていませんでした。

今回発表されたEF-M 28mm F3.5 Macro IS STMは、単体で光源を備えることによって、追加機材を導入することなく、マクロ撮影の撮影シーンを拡大できる付加価値を持ったレンズです。

これは強力な一眼レフのラインナップを持ったキヤノンによるミラーレスカメラとして、EOS Mシリーズの持ち味、キャラクターを押し出す実験的かつ野心的な新製品とみることもでき、EF-Mレンズを含めたEOS Mシリーズの今後に期待がかかります。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Canon
関連キーワード: canon, eos m, lens, MirrorLess
186シェア
0
186,"likes":58
0

Sponsored Contents