Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

世の中から独特な機械音声がなくなる?ヤマハ、自然な声で対話する応答システム『HEARTalk』開発

山下佑樹(Yuki Yamashita)
2016年5月12日, 午後04:00 in Heartalk
489 シェア
49
209
46
3
182

連載

注目記事

人気記事

速報:スーパーファミコン(SNES)ミニ海外発表。幻の未発売作『スターフォックス2』を初収録!🦊

速報:スーパーファミコン(SNES)ミニ海外発表。幻の未発売作『スターフォックス2』を初収録!🦊

View

ヤマハが人間らしく自然に対話できる応答技術『HEARTalk』を開発しました。同技術の一部が利用できるソフトウェアとハードのライセンス提供も開始され、玩具向けのロボットなどに組み込むことで違和感の無い会話のやり取りが楽しめそうです。

ヤマハによれば、人間同士の会話は呼びかける方の発音の強弱など「韻律」に合わせて、応答者も発音の韻律を変化させることで自然な会話が成立します。一般的なロボットとの会話では機械音とすぐにわかってしまうものが多いため、今後はHEARTalkの普及を通じて機械と人間の自然な会話の実現に貢献していきたいとのこと。


今回提供される技術は、HEARTalkを相槌(あいずち)に特化させたもので、「うん」や「はい」といった相槌音声を自然な韻律で返すという内容。当提供技術は主に玩具向けでの利用を想定したもので、実装面積が小さな基板、参考回路図、参考サンプルプログラムの3つです。


いつか、より高度な会話ができる技術が提供されるようになれば、世の中から独特な機械音声がなくなるかもしれません。それはそれで寂しいところではありますが、急激な成長を見せる対話技術の進展に今後も目が離せません!

関連キーワード: heartalk, yamaha
489 シェア
49
209
46
3
182

Sponsored Contents