Sponsored Contents

analogの最新記事

Image credit:
Save

伝説のアナログシンセ『Minimoog Model D』が復刻。Moogfest 2016で組み立て展示、限定販売

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年5月23日, 午前06:30 in Analog
167シェア
0
167
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
電子楽器メーカーMoogが、伝説のモノフォニックアナログシンセMinimoog Model Dの"試験的な再生産"を実施しました。ノースカロライナ州ダラムで開催されたMoogfest 2016の会場に生産ショップを設け、Minimoog Model Dの組立てが公開され、でき上がった製品はその場で販売されています。

Gallery: Minimoog Model D | 21 Photos

21

Minimoog Model DといえばMinimoogの中でも初代販売モデル。初代なのになぜModel Dかといえば、Model A~Cは試作機として生産されたものだったため。Model Dのごく初期のものも試作機でした。70~80年代を中心に人気を博し、EL&Pのキース・エマーソン、RUSHのアレックス・ライフソンとゲディ・リー、YESのリック・ウェイクマンといったプログレッシブ・ロック系ミュージシャンから、映画音楽で活躍したジョルジオ・モロダー、ほかチック・コリア、KRAFTWERKのラルフ・ハッターら多数のミュージシャンが使っていました。

Moogfest 2016では、このMinimoog Model Dを当時の回路そのままに再現し、さらにMIDI入出力やLFO、VCOといったパラメーターがいくつか追加搭載されています。



残念なのは、試験的という言葉どおり生産されるのがMoogfest 2016の期間内、わずか4日間ということ。Moogfest 現地では価格3500ドル(約38万5000円)で販売されているものの、本格的な再発売についてのアナウンスはありません。

Moogは昨年、System 55 /35、Model 15といったシンセを限定的に復活させました。また最近ではModel 15を再現したiOSアプリも発表しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

167シェア
0
167
0

Sponsored Contents