4kの最新記事

Image credit:

オリンパスがアクションカメラ『STYLUS TG-Tracker』を発表。4K対応、対角線画角204度の超広角レンズ搭載

Munenori Taniguchi
2016年5月25日, 午前07:30 in 4K
402 シェア
138
158
7
7
92

連載

注目記事

人気記事

ソニー、PS4も遊べる投影型コンピュータ Xperia Touch 発表。超短焦点プロジェクター と投影面タッチ認識、Android搭載
6

ソニー、PS4も遊べる投影型コンピュータ Xperia Touch 発表。超短焦点プロジェクター と投影面タッチ認識、Android搭載

View
シャオミ、SIMが挿さる多機能液晶バックミラー Smart Rearview Mirrorを製品化。8.88インチ画面でナビや録画、音声操作に対応

シャオミ、SIMが挿さる多機能液晶バックミラー Smart Rearview Mirrorを製品化。8.88インチ画面でナビや録画、音声操作に対応

View
オリンパスがアクションカメラ製品「OLYMPUS STYLUS TG-Tracker」を発表しました。5つのセンサーからなる「フィールドセンサーシステム」を搭載し、対角線画角204度の超広角レンズで幅広いフィールドでの撮影に対応します。

Gallery: OLYMPUS STYLUS TG-Tracker | 15 Photos

STYLUS TG-TrackerはGPS /気圧 /温度 /方位 /加速度という5つのセンサーを搭載し、主にフィールドスポーツでのトラッキングログの取得に活用できます。各種センサーの情報は方位表示や水平表示、そして高さや水深情報のログ表示の3種類から選択して、カメラの液晶画面にも表示可能です。

GPSセンサーは通常のGPS、GLONASS、QZSSに対応。PCもしくはスマートフォン用の専用アプリを通じて衛生の軌道情報を取得しておけば、測位情報取得時間を短縮する「アシストGPS」機能が有効化できます。

気圧センサーは水中では水圧(水深)の測定にも対応。水中検知センサーとの組み合わせにより水深が0.5mを超えた場合、カメラが自動的に水中撮影モードに切り替わります(水中撮影には同梱の水中用プロテクターが必要)。

さらに加速度センサーは、撮影中、設定した値以上の加速度を感知したときに自動でチャプターを切る事が可能。たとえばバイクやスノーボードでジャンプ~着地したときなどにチャプターを挿入し、後で再生や編集がしやすくなります。チャプター機能は2種類加速度とオフから選択が可能です。
 

 
また、本体横の「OK」ボタンを押せば手動でのチャプター挿入も可能です。
アクションカメラとしてのタフ性能は、水深30m、JIS/IEC保護等級8(IPX8)相当までの防水性能を搭載、さらにJIS/IEC保護等級6 (IP6X)相当の防塵性能、高さ2.1mからの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度でも使える耐低温、さらに100kgfの荷重にたえる堅牢性を備えます。

有効720万画素、1/2.3型の裏面照射CMOSセンサーを搭載。対角線画角が204度という超広角レンズを採用し、人が目で見る視界よりも広範囲を撮影可能です。ただし水中プロテクター使用時の画角は94度に制限されます。液晶モニターは可動式の1.5型、約12万ドットの解像度を採用しています。

画像処理エンジンはオリンパス「PEN」「OM-D」が採用する「TruePic VII」を4K対応とした「TruePic VII for 4K」を搭載。撮影可能な動画はMPEG-4 AVC/H.264フォーマットのMOV形式。4K/30pをはじめ1080/60p・30p、720/240p・120p・60p・30p、480/240p・120p・60p・30pでの撮影に対応します。

記録メディアはmicroSDXC。入出力端子はMicroUSBおよびHDMIを備え、802.11b/g/n WiFiでPCやスマートフォンと連携可能です。

カメラ本体の大きさは幅35 x 高さ56.5 x 奥行93.2mm。重さは180g。レンズプロテクター、水中プロテクターのほか手持ち撮影用のハンドグリップなどが付属します。

STYLUS TG-Trackerの発売時期は6月下旬。オープン価格で、店頭予想価格は4万5000円前後。

402 シェア
138
158
7
7
92