Sponsored Contents

Asusの最新記事

Image credit:

ASUSが249ドルからのZenFone 3発表。スナドラ625搭載、RAM3/4GB、5.5インチフルHDのコスパ重視機

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年5月30日, 午後04:30 in Asus
480 シェア
80
204
16
21
159

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



台湾ASUS(エイスース)がCOMPUTEX TAIPEI 2016に合わせて新製品発表イベントを開催、以前より予告されていたスマートフォン『Zenfone 3』を発表しました。5.5インチのフルHD画面を搭載するモデル。価格はRAM 3GB/ストレージ 32GBモデルの249ドルから。RAM 4GBモデルも用意します。

今回は同時発表の上位モデルとしてDeluxeやUltraが存在することもあり、Zenfone 2の「スーパーミドルレンジ」的な立ち位置を引き継ぐモデルという位置づけ。心臓部となるSoCには、クアルコムのSnapdragon 625(8コア)を搭載します。

Gallery: ASUS Androidスマートフォン Zenfone 3 | 10 Photos



大きな特徴のひとつが、本体デザインを一新した点。正面と背面はコーニング社のゴリラガラス4を搭載し、フレームはアルミ合金と、昨今の高級スマートフォンで人気の高い素材の組み合わせを採用します。



カラーバリエーションは「ムーンライトホワイト」「シマーゴールド」「アクアブルー」「サファイアブラック」の4色。
メインメモリ(RAM)とストレージ容量のバリエーションは、それぞれ3GBと4GB、32GBと64GB。マイクロSDカードスロット(公式対応は最大128GB)も搭載します。

また、液晶周辺のベゼルは最短2.1mmのスリム設計。全面積における画面占有率は77%。加えてベゼル部はダイヤモンドカット加工を採用し、高級感も備えます。接続端子はUSBタイプCを採用。



背面には指紋センサーも搭載。最大の指紋登録本数は5本まで、角度対応は360度と、斜め方向に指がずれた場合でも高い認識精度となる点もアピールします。



本体の薄さは7.69mmと、このクラスとしては薄めである点、またバッテリー容量は3000mAhと大きめである点もアピールします。本体サイズは縦長状態で77.38×152.59×7.69mm(幅×高さ×厚さ)、重量は155g。
OSはAndroid 6.0(Marshmallow)を採用します。



液晶パネルは視野角に優れるIPS方式。最大輝度は日光が明るい屋外でも使いやすい500nit(カンデラ平方メートル)を確保します。




Zenfone 2から大きく強化された点は、メインカメラ。イメージセンサーの画素数は1600万画素ですが、複数ショット合成による6400万画素相当の撮影が可能なモードを搭載します。動画撮影も4K解像度に対応。

レンズもF値2.0と明るく、暗所撮影にも強くなっています。さらにレンズの保護にはサファイアガラスを採用。ひっかき傷などに対して強い仕様です。

オートフォーカスは公称0.03秒の「トライテックAF」を搭載。これは赤外線レーザー+像面位相差オートフォーカスに加えて、動体追跡AFを加えた3点という意向。

また、4軸の光学手ブレ補正機能や色(ホワイトバランス)の調整を専門で担当する「カラーコレクションセンサー」も搭載。白飛びや黒つぶれを防ぐリアルタイムHDR撮影機能と合わせて、従来モデルでは撮影が難しかった暗所や色温度の異なる光源下での撮影でも、よりミスを減らせます。




SoCはクアルコムの新型Snapdragon 625を採用。発熱や消費電力に大きく関わる半導体製造プロセスの世代は、820と同じ「14nm」を採用し、性能と発熱のバランスに優れる点が特徴。公称では前世代のプロセスを採用したSoC(詳細不明)と比較して、電力効率が35%向上した点をアピールします。合わせてLTEモデム部も、300MbpsのCat.6(カテゴリー6)に対応します。

このようにZenfone 3は、Zenfone 2で評価の高かった「手頃な価格で高い性能」という路線を推し進めたモデルという印象。SoCであるSnapdragon 625は採用モデルが少ないため実力は未知数ですが、他の仕様が充実している点やASUSのブランドイメージからも、速度が遅いということはあまりなさそうです。

日本での発売や価格は未定ですが、Zenfone 2の例を見るに発売の可能性は高いと思われます。いずれにせよ、2016年後半のスマートフォンにおける注目モデルとなることはほぼ間違いなさそうです。

関連キーワード: Asus, zenfone, zenfone3
480 シェア
80
204
16
21
159

Sponsored Contents