Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

SSDに512GB100ドル時代間近か。128GB版35ドル、512GB版105ドルの激安2.5型TLC SSDが発表

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年6月6日, 午後09:00 in Patriot Memory
864 シェア
296
374
43
5
146

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



PC用のメインメモリ(RAM)やストレージ製品を手がける米Patriot Memory(パトリオット・メモリー)が、低価格を売りにするシリアルATA接続・2.5インチSSD『Spark SSD』を発表しました。ラインアップは容量別に、128/256/512GBの3モデル。

発売予定は2016年第3四半期(7~9月)。MSRP(希望小売価格)は、128GB版が34.99ドル、256GB版が56.99ドル。512GB版が104.99ドルです。日本ですと昨今、SSDが安いショップの特価でこそ480~512GB級が1万円前後で販売されることはありますが、Sparkは新製品なのにこれに近い価格レベルです。

Gallery: Patriot Spark SSDとPhison S11 | 4 Photos



詳細な仕様としては、心臓部となるSSDコントローラは台湾Phison Electronics製のS11(PS3111-S11)、NANDフラッシュメモリの記録モードは低価格SSDでは定番となりつつあるTLC(1セルあたり3ビット記録)です。

重要な転送速度に関しては、Patriot側の発表では、連続リードが最高555MB/秒、連続ライトが最高500MB/秒。またPhison側ではS11チップの公称スペックとして、さらに詳細なデータが出ています。



それによれば、TLC NANDチップと組み合わせた場合の速度は連続リードが最高550MB/秒、連続ライトが500MB/秒。ランダムリードは最高95000IOPS、ランダムライトは最高85000IOPSと、昨今のシリアルATA版SSDの水準と言えるレベルです。

ただし、これは最大の数値。Phison S11の仕様を見ていると、おそらく実使用時はPhisonでもより上位となるコントローラ「S10」を搭載したSSD(昨今非常に増えています)と比べて不利そうと予測できます。というのもS11の仕様は、同時アクセスチャンネル数が「2」、キャッシュ用DRAMメモリをサポートしないという仕様のため。

同時アクセスチャンネルとは、複数あるNANDメモリチップの何個に対して同時にデータアクセスができるかという数値。基本的にこれが多ければ多いほど、SSDコントローラとNANDチップ間のデータ転送速度が速くなりますが、回路は複雑化するためコストでは不利になります。

キャッシュ用DRAMメモリとは、頻繁にアクセスする一時期的データを保存するために、SSDコントローラ側に増設される高速なメモリ。とくにランダムライトなどに効果を発揮します。S11はこれをサポートしません。



Phisonには、現在低価格SSDで多く採用され、価格と性能のバランスに優れると評価の高い上位モデルS10(PS3110-S10)がありますが、こちらは同時アクセスチャンネル数がなんと「8」、さらにキャッシュ用DRAMメモリもサポートする構成です。

S11はこうした性能に関わる仕様がS10より引き下げられていることから、公表された最高速度に関してはともかく、実使用時の速度はS10と比べてそれなりに遅いものと思われる......というのが予測の理由です。

なお、昨今のSSDでもうひとつ重要な、耐久性に関わる「総書き込み容量」(TBW:Total Bytes Written)に関しての情報は未公開。ただしメーカー保証は3年間となっていますので、実用上の耐久性に関しては他メーカーのTLC NAND搭載製品と大きくは劣らないであろうことは予測できます。

対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP、(Mac) OS X、Linuxなど。このあたりはシリアルATA接続ということもあり、特殊な要件はありませせん。

このようにSpark SSD(とPhison S11)は、速度的には廉価版なりとなりそうですが、昨今の激安SSDの中でも頭一つ抜けた価格は大注目できる製品。

発売後の実売価格はさらに下がることから、特価などを除いても512GB版で100ドル割れが見られる製品ともなりそうです。昨今日本のPCパーツショップでも同社のSSDは手頃な価格で販売されていることが多いため、ともすれば夏休み時期のSSD特価を賑わす製品となるかもしれません。

864 シェア
296
374
43
5
146

Sponsored Contents