Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルストア店員に扮した泥棒によるiPhone大量盗難相次ぐ。3月に67台、今月新たに19台

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年6月10日, 午後07:00 in Apple
159シェア
0
159
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ニューヨークにあるアップルストアで、大量のiPhoneが盗まれる被害が相次いでいます。犯人は複数いる模様で、いずれも従業員とまったく同じ服装をしていたとのこと。

犯人の行動パターンは、堂々ストア内に進入し、さも従業員であるかのように振舞いつつまっすぐ在庫棚へ向かうというもの。ニューヨーク・アッパーウェストサイドのアップルストアではこの3月に、二度に渡って被害に遭い合計67台のiPhoneを奪われました。被害額はおよそ5万ドル(約534万円)にのぼります。

さらに最近、今度はソーホーのアップルストアでiPhone 19台、1万6130ドル(約172万円)相当が、同じ手口の被害にあっていたことがわかりました。なお、いずれのケースでも盗まれたiPhoneは新品でロックもされていないものでした。

アップルはかつて、ストア従業員のシャツを新製品の発表ごと、または季節ごとに変更していました。しかし2014年、リテール部門責任者のAngelaAhrendtsが、デザインの変更や部門ごとの色分けを撤廃。ストアの全従業員が一体になっることをイメージして、すべて青にアップルマークのワンポイントが配された統一デザインへと改めました。

問題は、このシャツの統一デザインが簡単に模造できるうえ、ネットでも偽物が出回っていたりすること。規模の小さな店舗であればおなじ服装でも他人だとすぐ気づくものの、ニューヨークにあるような大規模店舗は従業員ひとりひとりが全員の顔を覚えているわけではなく、初めて見る顔であっても気がつかないのは致し方のないところかもしれません。

より厳しい保安対策を計画するのは当然として、現状でアップルストアの現場がすぐに取れる対策といえば、従業員の服装を変えることぐらいしかなさそうです。

ちなみに、ニューヨークのアップルストアでは昨年も5番街の店舗で刀を持った男が暴れたりと、わりと大きな事件が起こっています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

159シェア
0
159
0

Sponsored Contents