Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:

『Pokémon GO』テストプレイ、現実世界でポケモンをゲット!ポケモン+IngressなARゲーム

アカザー(Kenichiro Akazawa)
2016年6月11日, 午前06:00 in Niantic
1030 シェア
379
448
30
23
150

連載

注目記事

人気記事



ポケモン、Niantic,Inc.、任天堂の3社が協力し鋭意開発中のスマートフォン向けアプリ『Pokémon GO』。これは、スマホの位置情報を活用し、実際に街を歩くことでポケモンを捕まえたり、バトルすることを可能としたゲーム。



『ポケモン』20周年である今年中のリリースを目指し、すでに日本、オーストラリア、ニュージーランドなどでフィールドテスト中(テストプレイヤーは応募者による抽選)だったりします。

そして、5月27日に公式サイトで新たな情報が公開されました。

新たに公開された情報は以下の5つ。
1. ポケモンを捕まえよう!
2. ポケモン図鑑の完成を目指せ!
3. チームに参加!ジムに所属してジムバトル!
4. トレーナーのスタイルで自分らしさを表現!
5. プレイをより楽しくする機能を紹介!

さっそくPokémon GOをプレイ!

今回はこれら情報開示された機能を、Niantic,Inc.のアジア統括マーケティングマネージャー須賀健人氏のナビゲートで、実際に街に出てデモプレイをしてみます。



『Pokémon GO』の目的は、現実世界のあらゆる場所でポケモンを捜すこと! まず、最初にやるべきことは、ポケモンを捕まえるために使う『モンスターボール』を手に入れることです。モンスターボールはマップ上に表示される『ポケストップ』で手に入れることが出来ます。



ポケストップは現実世界の名所や旧跡に設定されており、実際に歩いてその場所に行き、アイコンをタップ。拡大されたポケストップの中央に表示されている写真を左右にフリックすれば、モンスターボールなどの各種道具を手に入れることが出来ます。



ポケストップではときどき『ポケモンのタマゴ』を見つけることがあり、このタマゴをインキュベーター(孵化装置)に入れて街を歩くと、タマゴがかえってポケモンが生まれます。タマゴをかえすためどれだけ歩くか?は、タマゴによってさまざまとのこと。



街を歩いてポケモンを捕まえよう!

モンスターボールを手に入れたら、あとはPokémon GOを起動したまま街を歩きます。と、書くと"それって歩きスマホでは?"と思われるでしょうが、起動したスマホは下に向けると画面が暗転しスリープモードへ。ポケモンが近くに現われた時には、スマートフォンが振動しプレイヤーにその出現を教えてくれるので、街中でも安全にゲームを楽しむことが出来るとのこと。



画面上に現れたポケモンをタップすることで、ポケモンと遭遇。モンスターボールを使って捕まえることができます。





画面上のモンスターボールをスワイプして、ポケモンに当てることで捕獲が出来るのですが、このときモンスターボールをポケモンの中心に当てれば、"Great"や"Excellent"の表示が現れ、ボーナス経験値が貰えるとのこと。さらに、モンスターボール上で指を回転させると、カーブボールが投げられて、これを当てることでさらに多くの経験値が!



捕まえたポケモンはHPや高さや重さに加え、持っている技などのステータスを確認できる。使える技は2種類。



地図の情報をもとに、そのエリアで出るポケモンは傾向があり、海の近くだとみずタイプのポケモンが出現する確率が高いよう。なので、様々なポケモンを捕まえるためには、様々な場所に行かなくてはならない。捕まえたポケモンはポケモン図鑑で見ることが出来、現在は100種類ほどのポケモンが登場予定とのこと。



また、同じポケモンをたくさん捕まえることで『進化のカケラ』を集められ、一定量集めることで、ポケモンを進化させることが出来る。他の成長要素は現在開発中とのこと。





ジムに所属し、ポケモンバトル開始!

プレイヤーであるポケモントレーナー達は、赤・青・黄の3つのチームにわかれて世界中のジムをとりあっている。プレイヤーはこのなかからどれかひとつを選んでチームに参加し、別のチームのジムに『ジムバトル』仕掛けたり、仲間チームのジムを守ります。ジムはポケストップ同様、マップ画面に現在所有中のチームカラーで表示されます。





ジムバトルでは、自分のポケモンをタップすると攻撃、スワイプすると相手のポケモンからの攻撃を避けることが出来ます。攻撃を続けているとゲージ(名前の下にある水色のバー)が溜まるので、そこで長押しするともうひとつの技で攻撃することも可能とのこと。





相手ジムに配置されたポケモンに勝つことで、そのジムの名声を減らすことができ、名声を0にすれば、ジムの色は白くなり中立に。そして、ここに自分のポケモンを配置することで、ジムは自分のチームの色となり仲間チームのものに出来る。



また、仲間チームのジムに配置されているポケモンとはトレーニングが可能で、トレーニングを繰り返すことで、そのジムの名声があがり配置出来るポケモンの数も増えていく。現在はMAXで10匹の配置が可能とのこと。



ジムの強さを表す名声の上限はかなり高く設定されるそうなので、須賀氏曰く「撃破しづらい有名なジムが世界各地に誕生するのでは?」とのこと。またそういった強いジムは複数人での攻略が有効とのことで、複数攻撃は同時に5人まで可能。




ここまでのPokémon GOのゲームの流れを簡単にまとめると・・・

1. ポケストップでモンスターボールやタマゴを手に入れる
2. 町中を歩いて(スマホは自動でバイブモードに移行)ポケモンを捕まえる
3. 捕まえたポケモンを仲間チームのジムに配置、もしくは相手チームのジムを攻撃


といった感じ。しかし、あくまでもこれらの仕様は現在の開発版のものなので、ローンチ後にはかわる可能性もあるとのこと。

最後に須賀氏は「ポケモンはあらゆる世代にファンが居るものだと思っています。あらゆる世代のファンが安全に楽しく遊べるよう開発しているので、親子とかで一緒に遊んでいただけると嬉しいです。弊社のイングレスをプレイしたことがあるなしにかかわらず、この次世代のリアルワールドゲームで、身近な世界で新たな発見・新たな冒険をして欲しいと願っています」。



リアルワールドでポケモンを捕まえる旅が、まもなく始まりますヨ!


©2016 Niantic, Inc.
©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※画面は開発中のものです。

関連キーワード: niantic, Nintendo, Pokemon
1030 シェア
379
448
30
23
150

Sponsored Contents