Sponsored Contents

Engadget JP channelの最新記事

Image credit:
Save

AndroidベースのオールインワンVRグラス「IDEALENS K2」 、広視野角で自然な没入感、コードレスで取り回し良し

228シェア
36
114
0
78

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

Ittousai, 23 時間前
View
新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

Kiyoshi Tane, 20 時間前
View

Engadget日本版 YouTubeチャンネルより。中国成都市アイデアレンズの第二世代VRデバイス「IDEALENS K2」が日本初お目見え。発表会の模様を含めてお届けします。IDEALENS K2はPC接続なしの単体起動が可能で、AndroidベースのOSを採用。コンテンツの再生のほか、ダウンロードにも対応しており、接続ケーブルがないため、様々なシチュエーションで楽しめます。動画の尺は3分59秒。

軽量で、バッテリーが後頭部に配置されているためバランスが良く、負担を感じることはありませんでした。ただし、頭の小さい人はゴムバンドで絞めないと緩いかもしれません。下を向くと隙間ができてしまいました。



今回6つのソフトを体験しましたが、視野角が120度と広いので自然な没入感がありました。立体感もあまり強調されておらず、疲れる感じもありません。ただしローラーコースターや空を飛ぶコンテンツは椅子に座って体験した方が良いと思います。慣れてない人は平衡感覚を失ってVR酔いしやすくなるでしょう。

発売は2016年秋。価格は未定とのことですが、ミドルエンドからハイエンドの間を狙った商品で、価格帯もその辺りに落ち着くのではないかと思われます。​

228シェア
36
114
0
78

Sponsored Contents