Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、曲面ディスプレイでiPhoneの全面を「包み込む」特許を取得

Kiyoshi Tane
2016年6月17日, 午後02:30 in Apple
838シェア
297
442
0
99

連載

注目記事

人気記事

ポケモンGO、次はミニリュウ乱獲チャンス。2月24日(土)正午から第二回コミュニティ・デイ実施

ポケモンGO、次はミニリュウ乱獲チャンス。2月24日(土)正午から第二回コミュニティ・デイ実施

Ittousai, 4 時間前
View
Android 8.1、WiFi接続前に速度が分かる新機能追加。「遅い」から「非常に速い」まで4段階

Android 8.1、WiFi接続前に速度が分かる新機能追加。「遅い」から「非常に速い」まで4段階

Kiyoshi Tane, 7 時間前
View


アップルが透明な曲面ディスプレイで「電子デバイス」を包み込む特許を取得したことが明らかになりました。特許の文書では「家庭用電気製品」とあって商品名は特定されていませんが、製品例として添付されている図面からは、同社のスマートフォンであるiPhoneを想定しているものと思われます。

この特許は米国特許商標庁に6月14日(米国時間)「ELECTRONIC DEVICE WITH WRAP AROUND DISPLAY」(特許番号「US 9,367,095 B2」)として登録されたもの。アップルは本特許につき「少なくとも1つの透明な本体とフレキシブルディスプレイ(折り曲げられる柔らかい画面)を含んだ家電製品」と説明。実際のイメージとしては前面、背面および両サイドをぐるりとディスプレイが包み込み、わずかに上面と底部のみにベゼルが配された図面が添えられています。

Apple

アップルは、現状のポータブル機器は「前面のディスプレイとカバーに覆われた背面」という形に落ち着いており、背面や側面のスペースが有効に活用されていないと指摘。ことボタンやスイッチ類が固定されていてアプリごとに最適化されているとはいえず、背面を活用することで操作性を改善するニーズがあるとのこと。その一例として、側面に仮想的なボリュームボタンを表示するインターフェースが図示されています。

Apple

また、曲面ディスプレイを使うことで筐体のデザインも自由度が増すとのこと。円筒形や上下の幅が不均等で先細りとなったテーパー型の端末のイメージも挙げられています。

もっとも、アップルが申請したこうした先進的な特許のうち、実際に製品化されたものは決して多くはありません。実用面で考えても、背面まで曲面ディスプレイにされると持ちにくくもなり、うっかり落とした時のダメージもより深刻なものとなるでしょう。「こういう方向性も考えている」程度に受け止め、ティム・クックCEOが自らハードルを上げた「想像もつかない新機能」の発表を粛々と待ちたいものです。

Source: 9to5Mac
関連キーワード: Apple, iphone
838シェア
297
442
0
99

Sponsored Contents