Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:

iPhone 7はLightning - 3.5mmアダプタ同梱?従来と同じEarPodが付属

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年6月21日, 午後04:20 in Apple
300 シェア
90
120
4
0
86

連載

注目記事

人気記事



iPhone 6sとあまり変わらないマイナーチェンジモデルになるとも、「なしでは生きていけない」製品になる (アップルCEOティム・クック)ともいわれる次期 iPhone 、順当にいけば iPhone 7について。

予想ポイントのひとつ「本当に 3.5mmヘッドホン端子を廃止した場合、同梱のヘッドホンはどうなるのか問題」は、結局は従来どおりの3.5mm端子 EarPod と、Lightning - 3.5mmヘッドホン端子アダプタが同梱されるかたちになるかもしれません。



アップルが今後の新 iPhone をさらに薄くシンプルな設計にするために3.5mmヘッドホン端子を廃止して、ヘッドホンはLightning端子か無線のBluetooth にするのではないか、とのうわさはかなり以前から続いてきました。

高音質をうたう Lightning接続のヘッドホンは、アップル公認のMFi認証を得た製品が昨年から市販されています。また3.5mmヘッドホン端子のないスマートフォンも、LightningではなくUSB Type-Cを採用するAndroid勢ではすでに大手から登場しつつあります。

アップルが本当に3.5mmヘッドホン端子を廃止するのか、するとして今年秋の iPhone 7 (仮) なのかさらに後のモデルなのか、はさておくとして、気になるのは廃止された場合の同梱ヘッドホン。現行のiPhoneは安価な EarPod をおまけに付けていますが、3.5mm端子がなければ使えません。

この点については、端子がLightningになったバージョンのEarPodが付属する説、最近は安価になったBluetoothヘッドホンが純正で付属するよ派などがあり、またアップルが買収した人気ヘッドホンメーカー Beats ブランドが同梱になるのでは、の待望論も根強くあります。

Other

しかし日本のアップル系ウェブサイトの雄 Macotakara ことMACお宝鑑定団が伝えるところでは、iPhone 7には従来どおりの 3.5mm端子 EarPod と、Lightning - 3.5mm変換アダプタが付属する見込みとのこと。

どちら方面からの情報とも特定せず単に「うわさです」というしれっとした書き方ではありますが、MACお宝鑑定団といえば、従来からリーク情報や独自ソースからネタで一目置かれてきたサイトです。

仮に EarPod + アダプタ同梱説が正しいとすれば、特にヘッドホンにこだわらないユーザーはそのまま使い(EarPodは音漏れに気をつけような!)、お気に入りのヘッドホンがあるユーザーは追加出費なしにアダプタだけ使えることになります。5年目になるEarPod続投よりも何か新しいヘッドホンを見てみたい気分もありますが、使わないのに微妙に豪華なものが同梱されるよりは平和な策です。



しかし一方で、今年の iPhone 7 (仮)では結局 3.5mmヘッドホン端子は廃止されず、筐体デザインも主要部品も一新されるという来年の10周年 iPhone (7s?飛ばして8?) から導入なのでは説もまだあります。

たとえば上の画像は、中国の修理業者 Rock Fix が掲載した iPhone 7の部品と称するもの。 この時期になるとアクセサリメーカーや修理業者が図面やパーツをリークすることはよくあります。画像は真偽不明ながら、Lightning端子のほか3.5mm端子が残っています。(さらにデュアルSIMトレイの画像まであり、もし本物ならアップル初のデュアルSIMスマホになります)。

iPhone 7 (仮)については、大きい方こと Plus モデル (Proモデル)?にのみ搭載らしいとうわさされたデュアルレンズカメラも今になって来年に持ち越しと主張する業界アナリストが現れたり、iPad Pro と同じ純正キーボードアクセサリコネクタの Smart Connector もいまだにアリ説ナシ説入り乱れるなど、この時期にしてはまだまだうわさが錯綜しています。外見が 6s から大きく変わるかはともかく、発表前まで楽しませてくれるモデルではあるようです。

Source: Macotakara
関連キーワード: Apple, EarPods, iphone
300 シェア
90
120
4
0
86

Sponsored Contents