Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

小中高生向けノートPC組立イベントをパナソニックが8月6日開催。『レッツノート工房』15年目はRZ5を制作

TOKORO KEI
2016年6月24日, 午後01:45 in Cf-Rz5
207 シェア
42
102
4
4
55

連載

注目記事

人気記事




パナソニックは、小中高校生向けのモバイルPC組み立て体験イベント『手づくりレッツノート工房 2016』を8月6日に開催します。場所は、兵庫県神戸市にあるパナソニックの神戸工場。

2002年にスタートし、今年で15年目を迎える『手づくりレッツノート工房』は、世界にたった1台のオリジナルPCを組み立てる体験を通じて、子供たちがモノづくりの魅力や楽しさを味わえるイベントです。また、国内では数少ない、実装から組み立てまでをすべて行うPC工場の見学ができるのも特徴となっています。




今年のイベントでは、レッツノート RZシリーズの2016年夏モデル(CF-RZ5WDGPP)の組み立てに子供たちが挑戦します。RZシリーズは、タブレットにもノートPCにもなる2in1タイプのモバイルPCで、重量はコンバーチブルPCでは世界最軽量となる約745g。

組み立て時には、8色のカラー天板、12色のカラーキーボードから好みのものを選択可能。なお、ボディカラーはシルバーのみとなっています。



また、工場見学ツアーでは、セル生産の現場や各種検査室などの見学を実施。そのほか、一緒に神戸工場まで来た子供たちの兄弟・姉妹向けに、オリジナルの乾電池が手づくりできる「電池教室」などの体験イベントも実施されます。

同イベントは、小学4年生〜高校3年生を対象とし、定員50名の完全予約制。開催日時は、2016年8月6日(土)9:30~15:30の予定。参加費は、組み立て後のモバイルPC・昼食代込みで12万円(税込)です。
なおあらかじめ、パナソニックのホームページ上または官製はがきでの申し込みが必要です。締切は7月4日まで。なお、申し込み多数の場合は抽選となります。

この「手づくりレッツノート工房」は、Let's noteを通常購入するよりも安価で入手できるだけでなく、工場見学としても評価が高いことから、毎年高い人気となるイベント。2015年の開催では累計参加者数が2,000人に達しています。

今回は昨年に引き続き、組み立てる機種が人気の高いLet's note RZとなっていることなどから、今年も大人気となることはほぼ間違いなさそうです。興味のある方は申し込みを忘れずに。

207 シェア
42
102
4
4
55

Sponsored Contents