Sponsored Contents

a.i.の最新記事

Image credit:

ソーラー飛行機が大西洋を横断・北欧の電化高速道路・真顔写真を無理やり笑わせるニューラルネットワーク(画像ピックアップ38)

Munenori Taniguchi
2016年6月26日, 午後03:00 in A.i.
178 シェア
20
91
0
67

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

 
1週間のあいだに拾いきれなかったニュースを集めてお伝えします。今週は「Solar Impulse 2が大西洋を横断」、「スウェーデンで電化高速道路が開通」、「怒った顔も無理やり笑わせるニューラルネットワーク」などをお届けします。


太陽光だけで飛ぶSolar Impulse 2、大西洋横断に成功しスペインに到着

 
2015年3月にアブダビを飛び立ち、世界一周を目指す太陽光発電飛行機Solar Impulse 2が6月23日、大西洋を横断してスペインのセビリアに到着しました。ニューヨークからセビリアまでの飛行時間は3昼夜、約71時間。これまでで2番めに長い連続飛行を擁したこのフライトでは、ベルトラン・ピカール氏が不眠不休の操縦を担当しました。そしてこれが実質的に最後の山場となりました。
 
 
これで、Solar Impulseプロジェクトチームは全旅程の90%を消化しました。スタート地点でありゴールとなるアブダビまでは、あと数回のフライトを残すのみです。

太陽光で飛ぶソーラー・インパルス2が名古屋~ハワイを飛行、118時間の最長飛行記録

軌道を漂う宇宙服の亡霊・太陽光で飛ぶ飛行機が太平洋を横断・海に浮かぶ原発(画像ピックアップ29)

太陽エネルギーだけで世界一周をめざすソーラー飛行機「Solar Impulse2」がアメリカ横断に成功

[Image : Bertrand Piccard(Twitter)]
[Source : Solar Impulse]

冥王星が持つ最大の衛星カロンに巨大峡谷

NASAの探査機ニューホライズンズが、冥王星の衛星カロンに接近する直前の2015年7月14日にグランドキャニオンよりも遥かに巨大な峡谷を撮影していました。

アルゴー峡谷と名付けられたこの谷は、写真では約300kmに横たわって見えます。しかし、実際は写真に映っていない部分にまで続いており。その全長は700kmもあるとのこと(グランドキャニオンの全長は約450km)。注目すべきは崖の高さで、北端の最も大きな段差に見える部分では約9000mもあります。

ちなみに、他の星にみつかっている巨大峡谷としては、天王星の衛星ミランダに5000m級のヴェローナ断崖があります。

[Image : NASA/JHUAPL/SwRI]
[Source : NASA]

延長運用決まったハッブル、海王星に「ダークスポット」を発見

NASAのハッブル宇宙望遠鏡が、海王星の表面に暗い部分があることを発見しました。これは2015年7月にアマチュア天文家が発見した白い一団の雲をより詳しく観測した結果見つかったもので、ボイジャー2号が1989年に海王星に再接近した時にとらえた大暗斑(The Great Dark Spot)と呼ばれる大気の薄い部分にも似ています。

NASAは、今回みつかった暗い部分は巨大な渦で、周囲にある一団の雲は地球におけるレンズ雲のような現象だとしています。

ちなみにNASAはこの6月24日、ハッブル宇宙望遠鏡の使用期間を再延長して、2021年6月30日まで使い続けることを発表しました。また2018年にはハッブルの後継機であるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡も打ち上げ予定です。
[Image and Source : NASA]

スウェーデンで電化高速道路「eHighway」開通

 
北欧スウェーデンで、電気供給高速道路eHighwayが開通しました。区間は2kmながら、パンタグラフを備えるハイブリッドトラックに架線から電力を供給します。電力供給時の最高速度は90km/hに設定され、電力消費だけでなくトラックからの回生エネルギーを他のトラックへと流用するしくみにもなっています。

トラックがまるで路面電車のようになるeHighwayですが、ねらいはもちろんエネルギー消費の縮小と高速道路周辺への大気汚染物質排出の削減。スウェーデンは、2030年までに自動車の化石燃料依存をなくすことを計画しています。

[Image : Scania CV]
[Source : Siemens]

真顔写真を無理やり笑わせるニューラルネットワーク

 
ニュージランド・ヴィクトリア大学ウェリントン校デザイン学部の講師が、顔写真を無理やり笑わせたり、真顔にするTwitter用のボット"Smilevector"を公開しました。このボットは大量の顔写真データを学習したニューラルネットワークを用いており、被写体の表情を無理やり笑顔(または真顔)にします。

このボットの投稿をすべてチェックしてみると、マスクをした顔写真などではさすがに上手く笑顔に変換できないケースもあるようです。とはいえ、いろいろな真顔の写真がじわじわ笑顔に変貌するさまは、見ている側もいつのまにか笑顔になってしまいます。
うふふ
うふふ
うふふ
ぎゃあ、なにこれ?!...うふふ


[Images and Source : Smilevector(Twitter)]

178 シェア
20
91
0
67

Sponsored Contents