Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

4万円台の32型ゲーミング液晶 OMEN by HP 32発表。AMD FreeSync対応、ゲームの魅力を「召喚(ひきだ)し、才能を覚醒(よびおこ)す」ディスプレイ

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年7月11日, 午後09:44
176シェア
0
176
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


HPがゲーム向け液晶モニタ OMEN by HP 32 Displayを国内発表しました。画面サイズは製品名のとおり32インチ、解像度は2560 x 1440。

大画面でありつつ、負荷が高い4Kよりも滑らかなフレームレートを維持できる「ゲーマーの為のサイズと解像度」をうたいます。ディスプレイとGPUの描画タイミングを同期させるAMD FreeSync に対応し、カクつきや画像の乱れを防ぐ描画能力も特徴です。


『OMEN』といえば、HPが約10年前に買収したゲーミングPCメーカー Voodoo PC時代から続く由緒正しいブランド。今年は『OMEN by hp』の名称で、デスクトップや薄型大画面ノートを含むゲーミングPCラインナップが揃いました。

OMEN by hp 32 Display はこの新生HPゲーミング製品群のひとつ。商品ページでは「そのゲームが本来持っている魅力を召喚(ひきだ)し、 才能を覚醒(よびおこ)す」「ゲーマーの為に考え尽された 最強ゲーミングディスプレイ」と、いかにもゲーミング製品らしい惹句が踊ります。

ディスプレイとしての基本仕様は、縦横比16:9の32インチ2560 x 1440 ピクセル、広視野角の非光沢WVA+ パネル、応答速度5ms、リフレッシュレート75Hz、ネイティブコントラスト比3000:1、動的コントラスト1000万:1、輝度300cd/m2、色域はsRGB 100%カバー、視野角水平垂直178度など。


2560 x 1440 WQHDは27インチ級ディスプレイでよく見かける解像度で、32インチ級では各社ともさらに高精細の4K製品を販売しています。しかしOMEN by hp 32 では、4Kはゲーム用途としてはまだGPU負荷が高く描画速度が犠牲になるとして、現状では32インチ2560 x 1440 こそ精細感と描画速度、迫力を両立する「ゲーマーのためのサイズと解像度」としています。

もうひとつの売りはAMD FreeSync に対応すること。ディスプレイ側の描画レートとGPUのフレームレートを同期させることで、描画がカクつくスタッタリングや、動きのある場面が走査線単位でズレてしまうテアリングといった問題を解決します。



ほかモニタ本体の主な仕様は、HDMI 1.4入力ポート x2(MHL対応)、DisplayPort 1.2、2ポートUSBハブなど。スタンドはスウィベルやピボット非対応。高さも変えられませんが、縦の角度はマイナス5度の俯角からプラス21度の仰角まで調節できます。

OMEN by hp 32 ディスプレイの発売は8月中旬予定、価格は税別4万4800円。OMEN by hpブランドでは32のほか、薄型ノートの『OMEN by hp 15 / 17』、GeForce GTX 1070 / 1080 を積んだ「無慈悲かつ冷酷」なタワーPC『OMEN by hp Desktop 870』もあわせて発表しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

176シェア
0
176
0

Sponsored Contents