Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

グーグルが日本でのAndroid Auto提供を本日より開始。対応車とナビはパナソニック、ホンダ、日産などから登場

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年7月13日, 午後12:15 in Android
339シェア
1
338
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 12 時間前
View


Googleが、日本でのAndroid Autoの提供開始を発表しました。Android Autoとは、Androidをベースとした車載機器用ソフト。Android搭載スマートフォンをUSB接続することで、車載機器側が子機的役割となり、スマートフォン側のアプリなどを車載機器側の画面上で操作できます。

日本での対応車種は、ホンダのアコード ハイブリッドLX/EX、アウディのQ7、A4、フォルクスワーゲンのGolfやPoloシリーズほか、マセラティのクアトロポルテやギブリシリーズなど。単体機器(ナビ)としては、「Auto対応予定」として発売中のパナソニック『CN-F1D』に加え、日産の『MM516D-L』『MM516D-W』などが登場します。

Gallery: Android Auto 発表会プレゼン | 14 Photos

14




合わせて、スマートフォン側のアプリは本日よりGoogle Playで配信を開始します。実際にAndroid Autoを使うためには、Android Auto対応機器に加えて、このアプリを導入したAndroid 5.0(Lollipop)以上のスマートフォンをUSB接続する必要があります。






現状でのAndroid Autoで中心となるアプリは、車で重要となるナビゲーションを担当するGoogleマップとオーディオ(音源)を担当するGoogle Play Music、そしてハンズフリー用に設計された電話などです。



ただし、アプリ名こそスマートフォンなどのAndroidと同じですが、画面構成などは比較的低解像度な車載機器に合わせたデザインとなっているなど、見た目は大きく異なっています。上写真はホーム画面ですが、こちらもGoogleアプリとAndroidの通知画面を合わせたような表示となっています。



また、ドライバーの操作を基本として考えていることなどから、操作はAuto対応機器側のタッチパネルと音声コマンドが基本。発表会でのデモにおいては「東京タワーまでナビして」「みほさんに電話して」「ビートルズを再生して」といった音声コマンドを主に使っていました。

合わせてタッチ操作も、例えば画面最下段のナビゲーションボタンは5個並んだ配置となるなど、スマートフォンやタブレットのAndroidとは流儀が異なる仕様です。



サードパーティ製のAndroid Auto用アプリも、Google Play経由でダウンロード可能。日本独自のアプリとしては、定額制音楽ストリーミングサービスの『AWA』がいち早く対応したとのアナウンスがありました。



さて、誤解されがちですが、Android AutoはAndroid搭載スマートフォンを接続した場合のみ動作する機能で、「車載機器用Android OS」ではありません(発表会では念のためか、「現在Googleが開発中の自動運転車両関係の技術ではない」と断るアナウンスもありました)。





また対応機器側のメニュー構成も、現状ではAndroid Autoを「1モード」として扱うのが標準的。たとえばパナソニック CN-F1Dでの場合も、基本となるのはストラーダシリーズとしての機能およびメニューで、Android Autoはホーム画面からモード(あるいはアプリ)を起動する......というメニュー構成になっています。

なお、Autoアプリを起動していない場合の挙動に関しては、機器メーカーに任されています。現状ではCN-F1Dと同じく、メーカー独自のナビとして動作する仕様が多数です。



こうした動作からは、ともすれば「Android Auto対応機器は、リモートデスクトップやシンクライアント的な、インターフェイスのみを担当する仕様になっているのか?」という疑問も浮かびますが、そういうわけでもないようです。

というのも発表会では、低価格帯機器への普及を尋ねる質問に対して、機器メーカー側は「現状のAndroid Autoは搭載SoCなどに高い水準を要求する。しばらくは高価格から中価格帯製品に留まるだろう」という見通しが回答されたため。
こうした点から実際は、スマートフォンとAuto対応機器の両方が連携して動作していると思われます。



また発表会では、「米国での初搭載モデルが発表されたのは2015年5月。そこから日本での提供に1年ほどの時間が掛かったのはなぜか。やはり日本語ローカライズの手間もあるのか」といった質問も。



これに対してGoogle側は、安全性重視の立場から、日本語や日本独自データなどの検証に時間を掛けたと紹介。「安全性に関わる箇所だけに厳重なテストを行った。たとえばGoogleマップにおけるランドマークなどのデータの検証や走行時の挙動、ナビの精度など。音声認識に関しては実用に耐えるかといった点に関してテストを繰り返し、十分な品質であると確認するのに時間が掛かった」とコメントしています。


Gallery: Android Auto 発表会 実機デモ | 15 Photos

15


さて、発表会場では現状で唯一購入可能な対応モデルとなっている、パナソニックのCN-F1Dによる実機デモも開催。USBケーブルの問題か、スマートフォン側がたまに接続を認識しくなるアクシデントはあったものの、音声入力やアプリの動作などはスムーズなものでした。



Android Autoは実は機能的にはシンプルですが、それゆえにGoogleマップなどのアプリを車内でも簡単、便利にに使えるようにする手法として、出始めながらも実用度はそれなり以上に高そうな印象を受けました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Android, Android Auto, Google
339シェア
1
338
0

Sponsored Contents