Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

日本でもスタートしたAmazonの定額制読み放題「Kindle Unlimited」を早速使ってみた!(訂正)

中山智(Satoru Nakayama), @yenma
2016年8月3日, 午後01:30 in Amazon
1839シェア
849
511
0
479

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View

月額980円の定額制サービス「Kindle Unlimited」が日本でもスタート。日本ではdマガジンをはじめ定額制の読み放題サービスが各種スタートしており、やや後発ではあるが、読み放題の対象となる本は雑誌が240タイトル以上。さらにコミックを含む和書も12万冊が対象となっており、アマゾン(Amazon)らしい充実した内容での参戦となる。

アマゾン、月980円で12万冊の本が読み放題「Kindle Unlimited」日本でも提供開始

「Kindle Unlimited」は、専用のサイトやアプリがあるわけではなく、既存のKindleサービスとあわせて利用する。Kindle FireやKindle Paperwhiteなどの専用端末の場合はストアも一体化。メニューに「Kindle Unlimited読み放題」が追加されているので、ここから対象の本が探せるようになっている。



iOSやAndroid、PCアプリにはストア機能がないので、ウェブブラウザーからアマゾンのKindleページへとアクセスして本を選ぶ。このあたりは従来のKindleと同じだ。従来と大きく違うのは、対象となる本にはKindle Unlimitedロゴが表示される点。さらに、購入時のボタンも「読み放題で読む」と「1-Clickで今すぐ買う」の2つ種類が用意されている点だ。


オフライン時でも本を読める!

Kindle Unlimitedの対象となる本だけを探したい。そんな時は、ウェブサイトならカテゴリーでKindleに移動し、「Kindle Unlimited読み放題」のページへとアクセスする。なお「小説・文学」や「コミック」、「雑誌」などジャンル分けはされているが、特定の本を探すという使い方には不向きな印象。



Kindle Unlimitedで「読み放題で読む」をクリックすると、注文手続きが処理される。あとは各端末のアプリでダウンロードするだけ。読み放題の本も購入した本もダウンロード後に違いはなく、閲覧アプリ内では同じように並んでいる。

ページごとにキャッシュするシステムではないので、いったん端末にダウンロードしてしまえば、インターネットに接続する必要はないので、飛行機の中などでも閲覧可能。



ただし、Kindle Unlimitedで利用できるのは最大10冊まで。11冊目で「読み放題で読む」をクリックすると、「利用を終了して続ける」の画面に切り替わり、利用中の本を終了させて11冊目の本と入れ替えることでダウンロード可能となる。



利用を終了した本は端末から自動で削除されてしまうので、読み切っていなくても閲覧できない。再読したい場合は、再度読み放題で読むから登録が必要だ。そのためKindle Unlimitedユーザーの場合、再読する必要がなければ「読み放題で読む」。何回も読みたいので残しておきたい場合は、「1-Clickで今すぐ買う」で購入するという使い方になりそうだ。

気になる本のラインナップは?

ラインナップは非常に多く、すべてを確認したわけではない。ただ、各ジャンルをざっとチェックしたところ、雑誌は月刊誌が多く、週刊誌は少なめ。「週刊文春」や「週刊アスキー」もなかった。小説も新刊やビックタイトルはあまり見当たらず、マンガも1巻だけ読み放題対象というケースが多いので、お試し的な意味合いも強い。この辺りはKDDIが提供しているブックパスと似ている。

週刊誌などのラインナップから、現状では非Kindleユーザーが定額読み放題を目的に契約するというよりも、Kindleのヘビーユーザーが登録して、いままでKindleに使っていた費用を減らすという使い方がベターなサービスといえる。

ちなみに、KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)でセルフ出版している本は、概ね対象となっているようで、自著もKindle Unlimitedの対象となっていた。この場合のロイヤリティーは最初にダウンロードしたときに閲覧したページ数を元に算出されることになっている。



(2016年8月4日修正)初出時、dマガジンではコンテンツの事前ダウンロードできないような記述でしたが、正しくはdマガジンでも利用可能な機能です。お詫びして訂正いたします。
関連キーワード: amazon, books, kindle, kindle unlimited, subscription
1839シェア
849
511
0
479

Sponsored Contents