Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

秘密のページとリンクする紙のカード! 名刺代わりにもなる「コミュニケーションカード」がちょっとカッコイイ

相川いずみ(Izumi Aikawa)
2016年8月17日, 午後12:00 in Buisness
299 シェア
56
83
7
1
152

連載

注目記事

人気記事


インスタグラムに並ぶ美しい写真の数々。これらの写真を紙のカードに印刷し、QRコードでウェブとリンクする新しいサービス『OVO』がスタートしました。

OVOは、インスタグラムやスマホから写真を選び、紙のカードに高画質で印刷できるサービス。さらに、カードの裏にはQRコードが印刷されており、スマホで読み取ると、そのコード専用の『OVOページ』につながる仕組みとなっています。

OVOページに専用のメッセージを書きこんでおくことで、カードをプレゼントした人にメッセージを送れます。QRコードはカード1枚ごとに違ったコードが用意されているため、カードをもらった人しかアクセスできない"秘密のページ"に誘えるというわけです。


↑カードをもらった側は、裏面のQRコードを読み取ると、カードと同じ写真があらわれ、そこからメッセージを見ることができます。

価格は24枚セットで1920円、送料は200円(いずれも税別)。実質、1枚あたり90円弱。名刺と考えるとちょっと高いですが、誕生日や記念日などのカードと考えると、マイページ付きでこの値段なら納得。


▲OVOの使い方。スマホやインスタグラムから、写真を選ぶだけ。異なった24種類の写真でも、1種類の写真を24枚でもオーケー。

OVOの使い道としては、

  • 彼女に花束とともに渡し、プロポーズの言葉を書いておく。
  • 街コンで配りまくる。
  • ここぞという時に、名刺とともに手渡し、マイページにアピールポイントを入れておく。
  • お気に入りの写真を印刷し、インスタグラム風に部屋に飾ってニヤニヤする。
  • 秘密の暗号を書いておき、相手を悩ませる。
など、様々なシーンで活用できそうです。



自分で飾ってもよし、特別な人に贈ってもよし、ネタにもよし。あなたなら、どんな使い方をしますか?


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
Source: PAPERD
関連キーワード: buisness, card, instagram, love, present, sns
299 シェア
56
83
7
1
152

Sponsored Contents