Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneキーボードで「.com」や「.jp」を一発入力。Safariでのアドレス入力の面倒を軽減:iPhone Tips

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2016年8月19日, 午後12:20 in Apple
141シェア
0
141,"likes":58
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


雑誌や新聞などで見たWebサイトの情報をiPhoneで確認したいと思った場合など、「Safari」のURL入力欄にアドレスを手入力したことはないでしょうか。経験した方はわかるでしょうが、URLを1文字づつ入力するというのは意外と面倒なものです。

実はSafariには、そうした入力に便利なように、「.com」や「.jp」といったドメインをワンタップで入力する方法があります。URLを素早く転記したいときなどに活用しましょう。

Gallery: Safariでのドメイン入力を手軽に:iPhone Tips | 5 Photos

5

ドメインをワンタップで入力する


「Safari」を起動し、URLの入力欄をタップ。テンキー上の地球儀アイコンをタップすると使用できるキーボード一覧が表示されます。この中から、「English(Japan)」を選択します。
「日本語ローマ字」、あるいはUS版の英字キーボードを使用している人は「English(US)」を選択してもかまいません。


▲Safariの画面で、URL入力欄をタップ。次に地球儀のアイコンをタップします(写真=左)。次に、「English(Japan)」を選択します(写真=右)。



英字キーボードに切り替わったら、「.」を長押しします。".com"や".jp"などのドメインが表示されるので、入力したいものをタップしましょう。これで、ドメインをワンタップで入力することができました。

なお、「.」を長押してドメインを一覧表示できるのはSafari上でのみ行える動作です。他のアプリでの文字入力時は、キーボード上に「.」が表示されないので注意しましょう。


▲英字キーボード上の「.」を長押しします。


▲ドメインが一覧表示されるので、入力したいものをタップします。

日本以外のドメインを入力する


iPhoneにさまざまな言語のキーボードを追加していると、日本以外のドメインもワンタップ入力できます。たとえば、US版の英字キーボードと中国語のキーボードを追加している場合、アメリカのドメインである「.us」をはじめ、「.cn」など中国のドメインも表示されます。

入力の機会が多いドメインがある場合、対象の言語をキーボードに追加するのが良いでしょう。


▲さまざまな言語のキーボードを追加している場合、英字キーボードの「.」から日本以外のドメインも一覧できます。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iOS, ipad, iphone, iphone tips, safari
141シェア
0
141,"likes":58
0

Sponsored Contents