Sponsored Contents

elon muskの最新記事

Image credit:

テスラ、電気自動車なのに航続距離600kmオーバー「モデルS P100D」を販売開始(更新)

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年8月24日, 午後02:00 in Elon Musk
471 シェア
215
164
10
10
72

注目記事

人気記事



米国の電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズは、新型の「モデルS」を発売しました。推定航続距離は613km(NEDC)で、市販の電気自動車としては初の航続距離600km超を達成。これは東京〜大阪間を充電なしで走行できることに相当します。

新たに登場した100kWhバッテリーモデル(P100D)は、税込み1480万円超。100%電気駆動のEVで、四輪駆動。大人5人と子ども2人まで乗車でき、広大な収納スペースを誇るとしています。またスピードオプションのルーディクラスが標準で含まれており、0〜100km/h加速は2.7秒を達成するとしています。

また近日中に日本発売を予定するSUV「モデルX」でも、100kWhのバッテリーサイズを選択可能に。こちらにもルーディークラスモードを追加すれば、0〜100km/h加速タイムは3.1秒。推定航続距離はEUサイクルで542kmを達成するとしています。

また既存のモデルS 90kWhバッテリーモデルでも、納車前であれば、100kWhバッテリーに税込115万2000円でアップグレード可能。なおこれはルーディクラスオプションが付いていることが前提で、付いていない場合は90にルーディクラスオプションを付けてからの容量追加となります。納車が済んでいる場合にもアップグレードは可能ですが、その場合は90kWhバッテリーのリサイクル費用が加算されます。

テスラ モデルS / モデルXはかなり高価ではありますが、テスラによれば、この売り上げをより低価格なEV「モデル3」の開発に充てるとのこと。これにより、世界中のユーザーに手頃な価格でEVを届けられるようになり、持続可能なエネルギー社会へ世界が移行することに貢献できるとしています。

(更新)テスラから修正依頼が入りました。P100Dの場合、ルーディクラスオプションは標準で含まれるとのこと。また、P90DからP100Dに容量追加する場合、ルーディクラスをオプションがつけていない場合は、同オプションをつけてからの容量追加となります。訂正してお詫び申し上げます。

Source: テスラ
関連キーワード: elon musk, ev, model s, tesla
471 シェア
215
164
10
10
72

Sponsored Contents