Sponsored Contents

Galaxy Note 7の最新記事

Image credit:

爆発する不具合...「Galaxy Note7」が国内外で波紋、日本でも機内利用に制限

UTSUI JIN
2016年9月12日, 午後03:30 in Galaxy Note 7
750 シェア
183
487
0
80

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



海外で爆発事故が相次いでいるサムスン製Androidスマートフォン「Galaxy Note 7」。日本でも国土交通省が航空機への持ち込みを旅客に注意するよう、日本の航空会社に要請しました。

国土交通省は、米国内で「Galaxy Note7」の充電中などに内蔵のリチウムイオン電池が爆発するなどの事故が発生していることを受け、サムスン電子が安全対策を講じるまでの当面の間は、機内では利用を制限するよう旅客に周知することを、日本の航空会社に要請しています。

具体的な周知内容は、「機内では電源を切ること」「機内では充電を行わないこと」「受託手荷物として預け入れないこと」の3つ。

日本航空(JAL)はこの要請を受け、国土交通省の指示内容と同様の措置を取ることを発表しています。対象便はJALグループ運航国内線、国際線。他社運航コードシェア便については、運航航空会社の取り扱いに準じるとしています。

相次ぐ爆発

サムスンはGalaxy Note 7に関し、仕様や充電中の爆発事故が発生しているとして、9月の初めにリコールを発表。既に購入したユーザーに対しては「すぐに電源を切り」「交換プログラムに参加すること」を勧告しています。米消費者委員会なども使用中止を勧告。海外ではGalaxy Note 7を搭載したジープが炎上したほか、6歳時が爆発したGalaxy Note 7で手にけがをする事故も発生しています。

Source: 国土交通省
関連キーワード: Galaxy Note 7
750 シェア
183
487
0
80

Sponsored Contents